ビジネスで登場するスキームの意味とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-35-52_No-00

計画の初期段階などにおいて、スキームという言葉が頻繁に出てくることがあります。

ですが、あまり日常生活で聞きなれない言葉ですから、どんな意味があるのかよく分からないまま、聞き流していることもあるかもしれません。

では、スキームとはどのような意味なのでしょうか?

 

プランやフレームワークとは異なる

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-36-7_No-00

スキームは、枠組みを伴った計画という意味があります。また計画を伴う枠組みということでも使われ場合がありますが、これだけではちょっと分かりにくいですね。

例えば、企業の事業計画は、事業の枠組みを表す計画であるので、事業スキームという風に捉えることになります。このような計画などは、「組織だって、継続的に」行われるのが期待されているのです。

そのため、単純にプランするものや、枠組みを表すフレームワークとは異なるのです。そのため、この言葉が出てきた時には、組織として継続的に行うものがあるという認識を持つことが大切です。

会社で行うプロジェクトなどは、一匹狼では難しい課題が多く、組織として行動することが多いものです。そうした時に事業としてどこまで進められるのかを確認する場合にも用いられます。

 

スキームは政治や行政などでは頻繁に出てくる

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-44-50_No-00

長期的な計画が行われるような、あらゆる分野で登場するのがスキームという言葉ですが、実際にはどんなところが多いのでしょうか?

よく出てくるのが、政治や行政、経済・ビジネスの場において頻出する傾向があると考えられています。

たとえば政治などでは基本構造などのことを、スキームと呼ぶ場合もありますし、経済などでは「事業スキーム」などと呼ばれたりもします。

 

英語圏ではあまりスキームは使われない

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-36-21_No-00

このスキームは日本のビジネスシーンではよく使われますし、そのような意味を持っているのですが、英語圏ではちょっと意味合いが違ってくるので、あまり使われません。

英語の「scheme」は「無謀な構想、陰謀」などを表しているとされており、悪い場合の代表的なものになっているのです。また複合語の中にはピラミッドスキーム「ネズミ講」なんてことにもなります。

この言葉はビジネスで頻繁に登場しますから、覚えておいて損はないでしょう。国民の25%未満の人は、ビジネスパーソンであっても理解していないみたいですよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ