間違えると恥ずかしい!訂正印の正しい押し方

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-57-47_No-00

ビジネスシーンでは、印鑑を押す場面が多く見られます。特に事務や経理、総務などを担当している場合には、そうした展開になることが多いでしょう。

そして、文章を記述していて間違えた場合には、ボールペンなどでゴシゴシとしては、一般的なものであれば別に問題ないですが、申請書や契約書など重要な場合にはそれではダメです。

そんな場面では、訂正印というものを押します。これにもビジネスシーンならではの押し方というものがありますので、それを確認してみましょう。

 

第三者による改ざんを防ぐため

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-57-5_No-00

そもそも、何故訂正印を押す必要があるのでしょうか?

契約書や申請書などの重要性の高い文章を作製する際に、誤字脱字をした場合には、書いた本人が訂正したことを証明するために、訂正印を押すというものになっています。

つまり、契約者本人ではない、第三者が改ざんしないように、事前に防いでいることになります。そのため、万が一重要な書類で間違えたとして押さなかった場合には、その契約書などは無効になるので、また書かなければいけません。

日記やスケジュールなど、自分で確認する分にはこんなことはしなくて良いのですが、大切な場面では必ず必要になるので、使い分けるようにするのが大切です。

 

赤ボールペンと定規を用意する

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-56-45_No-00

さて、訂正印の押し方ですが、まずは赤ボールペンと定規を用意します。この意味は後々分かってきます。

たとえば「この記述は謝りだ」と漢字を間違えてしまったとします。このときは「謝」に二重で線を平行に引きます。このときに、赤ボールペンを使うのと、定規を使ってしっかりと引くということが重要です。

これが少しでもズレてしまうと、違う文字のところに引っかかる可能性がありますし、黒ボールペンだとちょっと分かりにくくなります。

違いをハッキリと出すためには、かならず赤ボールペンが必要なのです。

 

契約書類などで使う印鑑を使用する

SnapCrab_NoName_2014-11-1_12-55-56_No-00

さて、押し方の方法になりますが、上記のように二重線を赤ボールペンで平行に引きました。そしたら、その上に印鑑を押します。

この時に、文字の小ささに合わせて、印鑑を変えるというのがルールですが、持ち合わせていない場合には、契約書などで使う自分の印鑑を使うようにしましょう。

そして訂正した文字は、上に記します。ここは特にルールはありませんが、基本的には、上に記述するということになっています。

ちょっとした違いになりますが、訂正印の押し方にも色々とあります。基本的なことですので、ビジネスの基礎として身に付けておきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ