「取り急ぎお礼まで」の正しい使い方を学ぼう!

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-16-20_No-00

ビジネスシーンでは、メールや手紙で取引先や目上の方への連絡を行うことが頻繁にあります。その時に活躍するのがビジネス文章ですが、使い慣れないこともあり、難しいと感じる場合もありますよね。

代表的なものに「取り急ぎ、お礼まで」という言葉があります。文末に用いられることが多い一文ですが、どんな時に使うのが適切なのでしょうか?

 

緊急の連絡メールなどで用いる

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-17-19_No-00

そもそも「取り急ぎ、お礼まで」という一文は、どんな意味を持っているのでしょうか?

これは「本来は充分言葉を尽くすべきところですが、とりあえずお礼だけでも急いで申し上げます」というニュアンスになります。

「お礼まで。」という風にすることで、一応のお礼の気持ちを伝えることができています。この一文だけで2つの意味を含むことができるので、様々な場面で使ってしまいたくなりますね。

しかし、賛否両論は分かれていますが、上司など目上な人に対して使うには、あまり適してはいないと言われています。

お礼の場合は、本来であればその気持ちをしっかりと書かないといけない訳ですので、「取り急ぎ」はお礼の場合、目上の人が「何だ手抜きか」と畏れる可能性があります。

「取り急ぎ」は、「『てにをは』がおかしくても、誤字があったとしても報告優先させていただくので、ごめんなさい」という意味になります。

緊急の連絡メールなどで用いる言葉になりますので、使いどころが難しいかもしれません。2つの意味が重なることで「取り急ぎ、お礼まで」となる訳ですね。

 

ぞんざいに感じる場合には変化させても良い

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-18-3_No-00

この一文が最後に添えられていると、ちょっと冷たいというか、突き放されているような雰囲気を感じてしまうかもしれません。添えた本人はそんなことは思っていなくても、受け手側としてはどうでしょうか?

ちょっと目上の人に送る場合には、使用は控えたほうが良いかもしれませんね。

もし使いたい場合には「取り急ぎお礼申し上げます」や「手紙を差し上げるべきところ失礼とは思いましたが~」のような表現を使うと、ニュアンスとしてはマイルドになり、受け手としても冷たいような形では受け取らないでしょう。

ビジネス文章は、中々聞きなれない一文などを用いるので、どのタイミングで使うべきか迷うことが多いです。

上記で説明している「取り急ぎ、お礼まで」についても、送る相手によっては何だと感じる可能性もあります。

感謝を伝える場合には、やはり一生懸命に考えたものを送るというのが、通常ではありますから、短縮しているような雰囲気がやはりしてしまうものなんですね。

ちょっと扱いは難しいですが、緊急時など急いでいるときなどには使うことができますから、試してみるのもよいでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ