ドタキャンする時に役立つ効果的な言い訳とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-45-18_No-00

デートの約束や、友人と遊ぶ約束などを何も連絡せずに当日にキャンセルすることを、「ドタバタキャンセル=ドタキャン」と呼んでいます。人間関係が崩れるもっとも多い原因とも言われるほどですから、極力避けるべき事案です。

しかしながら、急遽都合が悪くなることもあります。また、行くのが本当は嫌だから…。と言い訳して不参加にしようと思うこともあるかもしれません。

そんな時は、どんな言い訳をすればドタキャンが成功しやすくなるのでしょうか?

 

身内に不幸があった

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-43-10_No-00

ある調査で一番多いドタキャン理由として、多くの人が用いたのが「身内に不幸があった」というものです。

ちょっと対象者には申し訳ないかもしれませんが、こうしておけば、相手にも一応納得してもらえるでしょうから、一番使える方法です。

ただ、この方法はインターバルが発生しますから、毎回使うことはできません。そんなに都合よく身内に不幸が重なるとは、中々考えてもくれないでしょうから、せめて2年に1回ぐらいでしょう。

「家族が怪我をして、入院しているから見舞いに行く」というのも言い訳としては、多いようです。ただこのときはかなり焦っているような演技を電話越しや直接会った時に含めるようにしないと、疑われてしまうので注意が必要です。

 

体調不良で参加できなくなった

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-41-39_No-00

次によくある言い訳が「体調不良」を切り札として使う方法です。人間は未来のことを正確に知ることはできませんから、その当日に体調不良になったとしても、誰も文句は言えませんよね。

もしその状態で来られても、移されても困るので多くの場合は「それじゃ仕方ない」ということになります。

いつも健康だった人が、この方法を使うと怪しまれるかもしれませんが、病弱な人であれば成功はしやすいかもしれませんね。

 

わざとその日に違う予定を入れる

SnapCrab_NoName_2014-11-1_13-42-20_No-00

ドタキャン前提として、その日にわざと違う予定を入れるという高等テクニックも存在します。

事前にどうしても、何か都合を入れないとキャンセルの連絡ができない場合などに使えるものです。

「その日にもっと前から予定が入っていた」と伝え、うっかりしていたことを反省を込めて伝えれば受け入れてくれる可能性は高いです。

ドタキャンをすると、人間関係が一気に悪化しかねません。何かしら連絡をすれば良いですが、それもなしに約束の時間に来ないというのは一番やってはいけないことです。

ドタキャンをするならば、礼儀として上記のようなことを使って、最低限でも連絡をしてからキャンセルをするようにしたほうが良いでしょう。そうすれば相手に対しても不快な思いをさせることは少なくなりますよ。

ドタキャンで悪い空気をそのまま引きずらないように、どうにか工夫をしたいものですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ