二度とバイトに遅刻しないために!寝坊改善方法

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-3-48_No-00

アルバイトやパートなど、非正規雇用としても立派な社会人ですので、遅刻などは許されるものではありません。厳しいところでは試用期間の場合はクビになることも考えられます。

しかし、朝が弱い人や前日遅くまで起きていた関係で、寝坊しちゃうこともあるでしょう。そんな人は、下記で示すような解決策を考えてみるのも良いかもしれません。

これで遅刻をしない自分を作るようにしましょう!

 

目覚まし時計を多めにセットしておく

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-0-59_No-00

バイトに遅れる理由として、一番多いのが寝坊です。脳の構造からして朝にしっかりと目を覚ますということが難しいとされているようで、それがひとつ原因と言われています。

また、昔は太陽の光で目が覚めて、暗くなったら寝るという生活をしていました。遺伝的にその名残が残っている関係で、あまり朝日が入り込まない部屋では起きれなくなってしまうことも、多々あるようです。

強制的に起きるためにも、目覚まし時計というレトロな技を活用するのがやはり望ましいのでしょう。1個で無理なら2個、3個、4個と、自分が起きれるぐらいになるまで何重にもセットします。

こうすることで、起きられる可能性はグンと高まりますが、そこから自分で「二度寝しない」という意志を働かせるということがとても大切になります。

これができないと、いくら目覚ましを大量にセットしたとしても意味がなくなってしまいますよ。

 

生活習慣を整える

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-1-36_No-00

体内時計が正常に働いていると、朝は自然と目が覚めて、夜は自然と眠くなります。このサイクルが崩れる原因は生活習慣の乱れです。

前項でも少し触れましたが、太陽の光が浴びることで体内時計はリセットされて、朝だということを認識してくれます。そのため、寝室はできれば太陽光が入るように調整するのがベストだといわれているんです。

それが難しい場合もありますので、なるべく食事する時間、睡眠する時間を決めて、適度な運動をするなどして、生活習慣を整えることを努力してみましょう。

そうすると、不思議なことに自然と朝に目が覚めるということが多くなり、遅刻をしなくなったという事例はいくらでもあります。体内時計をリセットさせるというのが、ひとつキーワードになるかもしれません。

 

寝坊して最悪の場合は・・・

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-3-1_No-00

これは出来る職場と無理な職場が分かれるかもしれませんが、朝がどうしても無理な場合には、シフト自体を変更してもらうというのもアリかもしれません。

遅刻をしてしまうなら、そのほうが効率は良いからです。

ただバイトであっても、それが認められないところもありますから、可能性としては低いかもしれませんけどね。

バイトでも、やはり遅刻には厳しい対応をするところもあります。バイトだからという言い訳はできない環境はありますから、上記のような解決法を参考にして、根本から改善するようにしてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ