おいしくなる!正しいビールの注ぎ方とマナーについて

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-16-5_No-00

ビジネスシーンでは、上司など目上の人を接待することもあります。そこでは友達と飲み会などにで気軽に飲むのとは違い、「お酒のマナー」というものも存在しているのです。

よく登場するのが、瓶ビールの注ぎ方。これを知らないと「失礼なやつだ!」と評価を下げてしまう可能性があります。

それぐらいで・・・?と思うかもしれませんが、社会人としては細かいことも重要になりますので、把握しておくようにしましょう。

 

右手で瓶底を持つ

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-17-49_No-00

最初のマナーとして、ビールの瓶底を右手で持ちます。このときは強く握る必要はありませんが、落としてしまったら全く意味がありませんので、落とさない程度でしっかりと握っておきましょう。

こうすることで、安定感を与えられますし、相手にも落ち着いた雰囲気をだしてもらう視覚効果があります。

「こいつに注がれるのはなんだか落ち着くだろうな」という気持ちを持たせる意味がここにあります。

 

瓶のラベルを自分から見て正面にくるようにする

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-16-29_No-00

瓶ビールには基本的にラベルがついていますので、それを参考にします。反対側に向けてしまわずに、正面に向けるようにして左手で注ぎ口付近を持つようにします。

必ず相手に、ラベルが見えるように持ちます。そうしないと、何を注がれるのか分からないという不安を相手に与えてしまう可能性があるので、必ずラベルは正面ということを覚えておきまほう。

 

グラスに絶対につけないで注ぐ

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-16-40_No-00

ビールの注ぎ方では、ここからが本番です。ラベルを正面にもってきて、左手で注ぎ口をそっと添えるような姿勢にしたら、いよいよ注ぎます。

このときに、相手のグラスに注ぎ口がつかないように注意してください。これから、口を付けて飲む場所に当たってしまうということは大変失礼に値します。

そして注ぐときは、最初は勢いよく泡を立てるようにして、そして次第にゆっくりと注いでいきます。

このタイミングは慣れるまでは難しいといわれているので、慣れないときは、最初からゆっくりと注ぐようにしましょう。

 

相手のグラスを常に確認しておく

SnapCrab_NoName_2014-11-1_14-18-43_No-00

ビールの注ぎ方としては、これぐらいですが、それで終わりではありません。目上の人がのグラスのビール残量には常に気を配るようにします。

もし半分以下になっていたら「注ぎましょうか?」と確認したうえで行動を取ってみてください。相手としては「こいつは気がきくな!」と印象が大きく変化する可能性があります。

たかがビール、されどビール。このマナーが出来ているだけで、デキるビジネスマンとして認知されることは多いのです。

付き合いが面倒ということもあるかもしれませんが、せっかく開催されるのであれば、良い印象を与えて終りたいものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ