スーツにビシっと決まる!ネクタイの合わせ方

SnapCrab_NoName_2014-11-3_9-59-3_No-00

ビジネスマンとして、スーツをどれだけ着こなすことができるのかは、大きな課題です。

それだけで仕事ができる人と見られることができるので、商談の時などにはチャンスを広げることができます。

ただ、ここで問題となるのがネクタイです。この色や柄などの選び方によっては、見た目も大きく違ってきてしまいます。

では、スーツとネクタイをどのようにして合わせるのが、相手にとって好印象になるのでしょうか?

 

スーツがネイビーの場合は赤を利用する

SnapCrab_NoName_2014-11-3_9-56-14_No-00

スーツを選ぶ場合に、まず押さえておきたいのがネイビーです。この色は万能色と呼ばれるもので、シャツなどがどんな場合においても自然とフィットするので、困ることは少ないでしょう。

よいフォーマル感を出すのであれば、同色のネクタイをチョイスするというのが一番しっくりくるのではないでしょうか?

また、ワインやオレンジなど赤みなるタイを指し色にすると、より華やかさに仕上がると考えられています。

 

スーツがグレーの場合は暖色系を

SnapCrab_NoName_2014-11-3_9-56-58_No-00

スーツがグレーという場合も多いのではないでしょうか。通常の仕事の場合などはこちらの色を使用して、会議など重要な場面ではネイビーを使用しているデキるビジネスパーソンは多いようです。

グレーに合うネクタイとして重宝されているのが、同じ系統のものです。また寒色になるので、暖色であるワインレッドやブラウンなどを選ぶとコーディネートとしてはしっくりきています。

ビジネスシーンでは、暖色でまとめると「外さない」基本的なスタイルになります。

 

スーツがブラウンの場合は冒険しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-3_9-57-42_No-00

スーツがブラウンですと、暖かみがあります。鮮やかな色と組合わせることによって、モダンでオシャレな印象になります。

普段は使わない冒険な色を取り入れてみるというのも、面白いかもしれません。普段の仕事の場で違う自分を演出するなどもできますので、グリーンやパープルのネクタイを付けてみるのも面白いかもしれません。

そして不思議なことに、ブラウンはそうした冒険色でもしっくりと馴染む不思議な印象がそこにはあるのです。

ここを大切にして、ここぞというときにネクタイを変えてみると、ちょっとした驚きを感じることができるかもしれません。

 

ネクタイの長さもスーツとの相性をキメる

SnapCrab_NoName_2014-11-3_9-58-24_No-00

コーディネートとして、色を考えたとしても、ネクタイの長さがおかしいと変に見られてしまいマイナス印象になります。理想的な長さは、大剣の先がベルトのバックルに半分かかる程度です。

生地や長さによっては、結び方で調整できない場合もありますので、小剣をパンツに入れてもかまわないとされています。

スーツによって、雰囲気が大きく変わりますから、それに合わせてシャツなども変更させる必要があります。どれが自分にとって効果があるのかは、何度も確かめてみなければわかりません。

しかし上記の例を参考にすることで、自然とコツを掴むことができるでしょう。もし悩んでいる場合には取り入れてみてもよいかもしれません!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ