ご査収の意味と正しい使い方とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-3_11-48-0_No-00

ビジネス文章として、メールなどでよく使われるものに「ご査収」があります。

この読みは「ごさしゅう」ということですが、どんな意味があるのでしょうか?

最近は使わなくても良いという話も聞きますがそれは何故なのでしょうか。

ご査収の意味と、使い方について見ていきます。

 

「よく調べて受け取る」という意味

SnapCrab_NoName_2014-11-3_11-47-19_No-00

このご査収という言葉は、そもそも「よく調べて受け取る」という意味になります。

つまり、添付されているような資料を、よく確認してくださいということを表しています。

 

メールで使う場合

SnapCrab_NoName_2014-11-3_11-46-50_No-00

ご査収という言葉の意味が分かったところで、今度は使い方について見てみましょう。この言葉そのもので、丁寧な表現になるので周囲は少し簡節に仕上げていてもかまいません。

たとえば「よろしくご査収ください」という程度でも十分に丁寧ですし、相手にも不快な思いをさせることはありません。

ただ、よろしくがつくことに違和感を感じる場合があるかもしれません。名詞の後ろということもありますし。しかしこのまま使っても問題はないのです。

もし、よろしくを使いたくない場合は「ご査収くださいませ」ということでも、意味としては同じですから、この表現でも何ら問題はないでしょう。

例文としては、「添付ファイルにて、予算案の原文ならびにデータをお送りしております。よろしくご査収ください」

これだけで内容は随分と通じます。

 

間違った使い方に気をつけて

SnapCrab_NoName_2014-11-3_11-47-5_No-00

「よく調べて受け取る」ということを把握していないと、間違った使い方をしてしまう危険性がありますので、注意しましょう。いろいろな場面で使ってしまいがちですが、意味をなさない場合もあります。

代表的なのが、添付ファイルが無いときです。この時に使ってしまうと、受け取り側は「何を調べればいいの?」と困惑してしまいます。

そしてよく調べなくてもいい場合でも使用は避けましょう。契約書などすでに何回か見ている資料に関しては「ご確認ください」で問題はありません。

 

そもそも使う必要があるの?

SnapCrab_NoName_2014-11-3_11-48-11_No-00

この「ご査収」という言葉ですが、これはとても丁寧ですが、そもそも使う必要はあるのか?という点で意見は色々と分かれています。

その理由のひとつに「この言葉の意味を多くの人が理解していない」ということが挙げられます。普段から馴染みのないものですし、他にも言い回しは色々ありますから、表現をする機会というものが少なくなってきているのです。

同じような意味で、「内容をよくご確認ください」ということでも大方問題はありません。メールの言い回しは年々シンプルになっていますので、その流れにあわせるということも大切でしょう。

ビジネスメールにおいて、以前は頻繁に使われていた言葉ですが、少しずつその影も薄くなってきました。

とはいえ、使うことで味わい深い文章になることは間違いありませんし、丁寧な言い回しなので目上の方にも使うことができます。要所要所で使うという考え方を持つのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ