仕事をもっと楽しく!人間関係を良くする簡単な方法

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-41-14_No-00

社会人になれば、学生時代とは違い幅広い年齢層の人との繋がりが増えます。そこで出来る人間関係は、複雑を極めるので、時にはトラブルに発展することも考えられます。

そんな仕事場での人間関係を良好に保つことは、ビジネスパーソンにとって必須の課題です。

では、どうすれば関係を良好に保つことができるのでしょうか?それを下記から見てくことにしましょう。

 

友達ではなく同僚として接する

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-43-51_No-00

仕事場での関係は、友達ではなく、あくまでも効率よく作業を進めるための同僚です。友達感覚で接近することは相手にとっても、自分にとっても望ましくない結果を生むのは当然考えられます。

つらいときに助け合い、そして飲み会などの交流を通じてお互いを知るようになる。これが同僚としての最良の付き合い方になります。

これは上下関係を解き放つ役割を担っているので、素晴らしいように思えますが、友達と同僚を分けるのは、馴れ合いがそこに生じるかどうかです。

ビジネスは遊びではありません。そして私生活の一部でもありません。

時間を犠牲にして多くの人と同じ目標に向って進み、生産性を高める努力をしていく必要があります。そこの関係が友達のようなものであれば、困ることになります。

良い仕事をするには、良い仲間を作る必要があります。それは馴れ合いではなく、助け合いから誕生するものなので、結果的に大人の人間関係ということに発展していくのです。

 

公式行事には積極的に参加する

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-42-45_No-00

仕事をする上で、友達を作る必要はありません。しかし同僚を作ることは大切ということを、上記で説明しました。

それに少し関係するところではありますが、お互いの人間関係を良好にするには、会社で行われる公式行事には積極的に参加することが望まれます。これをすることによって、普段とは違う側面を見られるので、非常に関係が深まります。

「めんどくさい」の理由で参加を拒否すると、人間関係は少しずつ冷え切る可能性がありますので、しっかりと参加をして積極的なところをアピールするようにしましょう。

 

人の意見はしっかりと聞き入れる

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-41-41_No-00

ビジネスシーンでは、叱られることも注意を受けることも多いものです。

上司ですら、さらに上司から毎日のように恐らく注意をされていることでしょう。売り上げが悪ければ、説明を求められますし、部下が失敗をしたら、その上司に責任がいきます。

こうした関係を続けることによって、普段の流れとは少し異なる現象が発生することは、常に考えることができます。どのようにして、その微妙な空気を無くすことができるかを、常に考えておくことが重要になります。

ひとつの答えとして、「人の意見はしっかりと聞き入れる」という要素があります。注意されても、反省をせず不機嫌になるようでは人間関係を良好に保つことはできません。

聞き入れることは、ひとつの能力だと捉えることが大切になるでしょう。そこを守ることによって普段とは違う流れを手に入れることができるようになります。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ