会社に二度と遅刻したくない!絶対に寝坊しない3つの方法

SnapCrab_NoName_2014-11-3_13-19-17_No-00

会社員になれば、遅刻することで評価が下がり、出世が後回しになるなどの影響が考えられます。それだけ社会人は時間にルーズだと、仕事もあまりできないという評価を受けがちになるのです。

それを防ぐためには、どうすれば会社員でも遅刻することなく、出勤することができるようになるのでしょうか?

 

誰かに起こしてもらう!

SnapCrab_NoName_2014-11-3_13-19-3_No-00

結婚していたり、家族と暮らしている場合に一番効果が高いのが、誰かに起こしてもらい遅刻を防ぐというものです。寝坊をすることで、会社に遅れるという人がある調査ですと全体の90%ということですから、この問題を解決することは非常に重要です。

誰かに起こしてもらうことができれば、目覚めが悪い場合でも何度も起こしてくれるので安心することができますね。

ただ、これでは独身で一人暮らしをしている場合には、起こしてくれる人がいないから無理ということになりますが、最近はそんなこともないのです。

モーニングコールをしてくれる業者などが存在し、事前に予約をしておくと、お気に入りの声をした人に起こしてもらえるというサービスが存在しています。

これを利用することで、ひとり暮らしだったとしても誰かに起こしてもらうという方法を取ることができるので、とても便利です。

 

目覚ましを大量にセットする

SnapCrab_NoName_2014-11-3_13-17-25_No-00

これはよくある定番の方法かもしれませんが、目覚まし時計を大量にセットしておくことで、二度寝防止にも役立ちます。

そして何回も鳴らしてくれるので、目が冴えて朝から元気に活動ができるという効果もあうようです。これは人によるかもしれませんが・・・。

また、目覚ましにお気に入りの声優や俳優さんの声を入れておくことで、その人に起こしてもらうということができる機能が整ったものもあります。こうしたものを活用すると良いでしょう。

 

忘れ物をしないように前日に準備する

SnapCrab_NoName_2014-11-3_13-20-46_No-00

会社員が遅刻する理由で、寝坊の次に多いのが「忘れ物」です。朝はしっかりと起きれているのに、忘れ物をしたことで遅刻をしていては意味がありませんので、ここもしっかりと対策をしておきましょう。

一番大切なのが、寝る前に次の日に必要なものを用意しておくことです。朝は誰でもバタバタしていますから、忘れてしまうことがとても多いものです。

その対策として、事前に用意をして、朝はそのまま出られるようにするという方法ですね。これは子供の頃から習慣としてやっている人であれば、そのまま出来ているかもしれません。

ちょっとした行動の違いですが、備えておくということは、会社に行くための遅刻防止だけじゃなく、様々な場面で必要なことですね。

会社員にとって遅刻とは、恥ずかしいことだと言われます。ちょっとした工夫で、自分が防げるものはほとんど改善させることが可能です。

上記の例を参考にしながら、遅刻をしない毎日を送りたいものです。朝が目覚めよいと健康にもいいですから、まさに一石二鳥になる可能性が高いのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ