理想の上司を目指す!部下から尊敬されるための条件

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-16-50_No-00

社会人になれば誰でも人間関係に悩む時期は訪れます。組織は人と人が織り成すことで、個人で考えることもできないパワーを発揮するものですから、ある程度は仕方のない事です。

そして、組織が円滑に進むのに大切なのが上司の存在です。どこまでリーダーシップを発揮してくれるのか、責任をどこまで取ってくれるのか、そうした些細なものがとても大切いなります。

では理想の上司になるには、どのような条件が揃っている事が必要なのでしょうか?

 

責任感がある

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-16-27_No-00

理想の上司とはその組織における中心的な役割ですが、物事を決めて行動するという部分はあまり見せません。それよりかは、どこまで的確に部下に指示を出せて、その責任を負うことができるのかに、大きな意味が隠されていると考えれるでしょう。

発言に対しては絶対的な責任が求められますので、それを受けもつことができる覚悟を持っているかどうかが、大きなウエイトを占めます。これらから考えられることとして、人を支持する者はそれだけ責任感を持っていなければならない事になりますね。

 

部下をしっかりと評価する姿勢を持っている

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-17-0_No-00

理想の上司として、部下のやる気を最大限に発揮させることは必須のスキルといえるでしょう。

そこで大切になるのが「適切な評価」です。一緒に戦ってくれる仲間の働きぶりをどこまで的確に判断し、そして対処してくれるのかを期待している人は大勢います。

そこを見抜いて、褒めるところは褒めて、指導する部分はしっかりとするというメリハリをつけている人のほうが、指示を出せばしっかりとしたがってくれることでしょう。それには、適切な評価をする姿勢を、どこまで示すことができるのかが大切になります。

もちろん、それが独りよがりでは意味がありません。それを感じ取ることが出来なければ、何ら意味はないので考えるクセ、そして空気を読む能力が揃っている場合には、理想として尊敬されることでしょう。

 

優しくて包容力がある

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-15-33_No-00

感情面が激しい上司というのは、組織を壊す可能性があります。それだけでなく、せっかくまとまりつつあるプランなども一から練り直しにならざるを得ない状況にもなるので、雰囲気が悪くなり、職場の士気が低下することも考えられます。

やはり感情面で穏やかであることは、どんな事よりも重要であることに間違いありません。全く怒らないというのではダメですが、ちょっとしたことで感情的になるようでは、その組織は長く続かないでしょう。

上司として、どこで褒めるか、そしてどこで叱るかを適切に対処できていることは、非常に重要な技術になります。

そして、おおらかで優しい人柄というものは、多くの人から慕われます。嫌われないようにするワケではありませんか、雰囲気が良い職場というのは思いがけないアイデアが出るものです。

そのような雰囲気を演出するのも、もちろん上司としての仕事になる訳ですから、理想と思われるのも当然のことですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ