面接なのに遅刻…マイナスにならない言い訳と事前準備

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-27-4_No-00

面接は時として、その人の今後の人生を左右させる大きなイベントです。何時間も練習しても本番独特の雰囲気によって、頭が真っ白になり何も答えることが出来なかった人もいるでしょう。

そんな大事な面接で、遅刻をしてしまったら・・・。考えるだけでも恐ろしいですが、人間がすることなので必ず発生しないとは言い切れません。

実際にそんな状況になったら、どう切り抜けるのか。そしてそれを引き起こさないための事前の対策方法はあるのかを見ていきます。

 

面接の1時間前には会場に着く余裕が必要

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-28-41_No-00

面接で遅刻をすることを避けるための方法を最初に記述していきます。大切なのは、決められた1時間前には会場に到着しておくという、心構えと事前準備です。

これを念頭に入れておけば、よっぽどのことで無い限り遅刻をするというものは、避けられるハズです。それには前日からルートの確認や、もしそれがダメだった場合の予備までをしっかりと考えておくことが必要になります。

ということは、自然と忘れ物が無いことも前提になります。前日から必要なものは全て準備をしておくなど、細心の注意を払う事が大切です。

 

目覚まし時計は何個も設置して面接の事前準備を

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-27-51_No-00

面接が午前中に開始される場合などは、場所によっては1時間前というのすら厳しい場合もあるでしょう。ちょっとでも起きるのが遅かったら、公共交通の関係でアウトという事もあるかもしれません。

そうした時の為に、早めに起きるというクセを前々からしておくことが大事です。いきなりそれをしても、体はそうなっていないので改善されることはありません。

もし無理そうなのであれば、家族と同居している場合には起こしてもらうなどして、朝は絶対に寝坊をしない体制を整えなければいけません。目覚まし時計も何個も設置するぐらいの勢いは欲しいですね。

 

もし面接に遅刻した場合は「体調不良」を使おう

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-27-28_No-00

面接に万が一遅刻することが確定したら、その段階で早めに報告をするようにします。その後の決定は自分の行動次第になるので、できるだけ言い訳をしないで素直に報告するようにします。

もし言い訳をするならば、多くの人が使っているのが「体調不良になった」というものです。トイレから出てこれなかったということを使うのが、相手はそれを確認ができないので、一番良い方法になります。

しかし、面接官はかなりの数の人と接しているので、そのような言い訳は聞き飽きているかもしれません。そして評価という面では大きくマイナスになることも考えられます。

意外にも、遅刻をしてもその後しっかりと、説明をして言い訳をせずに謝るなどの行動をしていると、案外評価は下がらないものです。人間性という点を確認するのが面接ですから、やはりしっかりと正直に伝えることは重要なんですね。

面接での遅刻は、この世が終ったのではないかと思うぐらい、かなり深刻な問題と受け止められやすいです。事前に自分で防げるところは、確実に潰し、どうすることもできないときは正直に伝える。これを行うだけで、大きく評価を下げることは少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ