退職者を出さないためのパワハラ6つの対策法

150306-0022

近年、パワハラを原因に職場を去る社会人が急増しています。パワハラとは、職場での上下関係を不当に利用し、主に上司や先輩が部下や後輩に対して働く「大人のいじめ」です。

パワハラをはじめ、ハラスメントによる労働問題は年々深刻化しており、一刻も早く企業が一丸となって解決策を練る必要があります。

パワハラは決して被害者一人だけの責任ではありません。一つの社会問題として強く認識し、誰もが快く働ける労働環境維持に努めましょう。

 

退職へ追い込むパワハラの事例

150306-0019

パワハラの事例は気づきにくい小さなものから、身体に傷害を与える大きなものまで様々です。

パワハラは決して特別な業種や職場環境で発生するものでなく、どこにでも起こりうる問題です。

 

よくあるパワハラの事例

・「給料泥棒」「能無し」など罵倒される
・上司から長時間に及ぶ説教
・必要以上の叱責
・無理難題の仕事を押し付けられる
・全く仕事を与えられない
・業務に必要な情報を与えない
・不当に減給された
・意味もなく始末書や反省文を欠かされる
・雑用ばかりを押し付けられる
…etc

あなたの身近で上記のような扱いを受けている人はいませんか?パワハラは立派な人権侵害です。

休職者や退職者を出さないためにも、社員一人ひとりが意識して身近で問題が起こっていないか探ってみましょう。

 

パワハラによる退職防止のための対応策

150306-0021

パワハラをはじめ、今社会問題化しているあらゆるハラスメントは、労働問題の中で最も判断基準が曖昧とされ、白黒つけにくいことが現実です。

このようなハラスメント被害は労働者本人だけでなく、企業側にも大きな影響を及ぼします。折角採用した有能な社員を嫌がらせやいじめで失ってしまっては、会社の経営悪化にも繋がりかねません。

パワハラによる退職や離職を防止するため、労働者一人に責任を押し付けるのではなく、会社全体が一丸となって問題解決に努める必要があります。

 

会社側のパワハラ対応方法

・社内に被害に遭った労働者を救済するための「相談窓口」を設ける
・周辺調査
・加害者側からの事情徴収
・加害者への指導および教育
・ハラスメント防止の為の社内研修
・労働基準監督署等の労働機関との連携

上記のように会社側のパワハラ対応策は様々なものがあります。自分達にできることは何かを考え、すぐ取り組めるものから始めてみましょう。

 

パワハラ被害に遭ったり目撃したらやるべきこと

150214-0011

著しいパワハラ被害に遭たり現場を目撃した場合は、できるだけ早めに対策をとって下さい。

「どうせ大したことない」と何も行動を起こさないでいると、被害者が精神的に追い込まれ、最悪の場合命を危険に晒すこととなります。

 

できるだけ詳細な事実を集める

いつ、だれから、どのように、どのように自分は感じたか、パワハラ行為の頻度、目撃者など、パワハラの事実をできるだけ詳細に記録しておきましょう。

パワハラ対策で最も重要視されるのが「事実を証明する証拠」です。

パワハラをはじめ、ハラスメントの労働問題は判断基準が曖昧なため、ある程度事実を証明できる証拠がなければ不利になってしまいます。

小さなことでも大丈夫。「これパワハラかな?」と思ったら、できるだけ細かく記録していくようにしましょう。

 

会社の上層部や労働基準監督署に告発する

加害者よりも上の立場である会社上層部や、労働問題を取り扱う相談窓口に相談しましょう。

また、何らかの事情で会社側に相談できない場合は、労働基準監督署に告発することもできます。

労働基準監督署は、ハラスメントをはじめ様々な労働問題を扱っているプロです。

もちろん労働問題に対する法律にも詳しいので、安心して相談を持ちかけてよいでしょう。

尚、会社の上層部や労働基準監督署に相談をする時は、予め用意していた記録(証拠)を持参し、被害の一部始終を詳しく説明するようにしてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ