全然朝起きれない…二度と寝坊しないための改善方法

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-34-8_No-00

社会人になれば、時間をしっかりと守るのは最低限のルールです。それを守れなければ評価が下がりますし、信頼関係を築くことすら難しくなるので、深刻な問題へと発展します。

そのため、寝坊による遅刻だけはどうにかして回避しなければいけません。そんな時に有効な対策というのはどういったものがあるのでしょうか?

 

寝る時間を一定にする改善方法

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-32-53_No-00

寝坊を防ぐ一番の方法は、朝の決まった時間に自然と目が覚めることです。本来人間の体内には、専用の時計が用意されており、これは遺伝子によって操作されています。

この体内時計の力によって、朝は自然と目が覚め、時間が経過すればお腹が空き、そして夜になれば眠くなるという動物的な生活を送ることができるのです。しかし現代人は人工的な光を昼夜浴びますし、生活習慣も乱れがちなので、体内時計が狂っている場合が多いのです。

これがあると、睡眠障害を引き起こしたり、常に寝不足な状態が続いたり、朝起きれなくなるなどの弊害が発生します。寝坊(朝起きれない)大きな原因として、体内時計が関係しているわけです。

それをリセットさせることが、対策としては一番意味のあるものになるでしょう。方法としては簡単で、寝る時間を一定に設定します。そして朝日が体に浴びるように工夫して、日光で目が覚めるという習慣を付けるようにします。

これだけの改善で、体内時計の乱れというものをかなり改善させることができます。もちろん夜更かしや寝る前の食事や運動などで交感神経を刺激させたりすると、すぐに乱れますので注意してくださいね。

 

寝坊しない為にアラームをたくさん設置する

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-35-45_No-00

最近は、携帯電話やスマートフォンに内臓されるかたちで、アラームを設定することができます。

また、古くからの味方である目覚まし時計なども用意して、自分が起きられるまで多く設置するようにして、必ず起きられる工夫をする事も必要です。

最近のアラームは、スヌーズ(時間の間隔を設定して自動で鳴る仕組み)機能が搭載されていますので、それを活用することで、簡単に起きやすくなります。

 

大切な人の声を聞けば寝坊しない?

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-30-24_No-00

もし家族やパートナーなどと一緒に生活をしている場合には、起こしてもらうという方法が一番ではないでしょうか。人間は動物ですから、寝ている間は無防備になるため、外部の声や動作にすぐに反応できるようになっています。

そのため、人間の声で起こしてもらうことが本来一番効くと言われていますので、目覚ましなどの機械的な音よりかは人間の声のほうがより効果があるようです。

そういった環境にいるのであれば、この方法を使うのがよいでしょう。しかし、一人暮らしをしている人などは、そういった環境ではないので誰かに起こしてもらう事ができません。

そこで、好きな声優さんや女優さんなどの録音した声が、アラームとして流れるという機能もありますので、そうしたものを活用するのも良いかもしれません。

寝坊をしないための対策ということで、いくつか紹介しました。これらで、一旦目が覚めても二度寝をしたらまったくの無意味になります。

二度寝に関しては対策という対策があまりなく、本人の意思次第によるところが大きいので、ここはどうにかして乗り切る事が大切ですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ