退職後の手続きで優先的にやるべきこととは?

SnapCrab_NoName_2014-11-6_22-7-5_No-00

訳があって会社を退職した時に、辞表を書いて提出すればそれで終わりではありません。そこから色々と複雑な手続きが発生しますし、初めて経験する場合の人が多いので、混乱する事も多いもの。

退職後の手続きにおいて、最優先で何をするべきなのでしょうか?そして、会社からはどういった書類を受け取ればよいのか、見ていきます。

 

退職後にやることは会社から受け取る書類を確認する

SnapCrab_NoName_2014-11-6_22-5-2_No-00

退職後には、会社から受け取る書類があるので、それをまずは確認します。入社時に預けている年金手帳、雇用保険被保険者証、保険者資格喪失証明書、退職証明書が主に受け取るべき書類になります。

年金手帳と、雇用保険被保険者証は、会社に預けていたものなので、必ず返却されます。被保険者証は、雇用保険の手続きをする場合において必要な書類であり、1人につき1枚のみの交付になっていますので、無くすことがないように注意しましょう。

保険者資格喪失証明書は、会社を退職した証明書であり、退職後に国民健康保険に加入するときに必要なものになります。

それでは、上記で重要な退職後の手続きとなる、「年金」「健康保険」「失業保険」を下記で見ていくことにします。

 

退職すると年金はどうなるの?

SnapCrab_NoName_2014-11-6_22-7-14_No-00

会社に勤めているサラリーマンの場合は、基本的に厚生年金に加入しています。年金には、自営業などが入る第一号、サラリーマンが入る第二号、第二号の配偶者が入る第三号と3つの段階に分かれています。

サラリーマンを辞めた翌日から、喪失されるので第一号の部類に入ります。この時は、速やかに住んでいる場所の役場に行き、書類の提出などを済ませる必要があります。

このときに、何も行動をしなかったら未納になるのか?ということですが、年金は国民が強制的に支払うことになりますから、手続きをしなかった場合でも、第一号へ自動的に移ります。

その時は、通知として「手続きしてください」と案内がきますので、それに従っておく事が大切です。

 

社会保険が喪失されるので違うところで手続きをする

SnapCrab_NoName_2014-11-6_22-7-22_No-00

日本に在住している人は、国民皆保険制度の対象になりますから、社会保険が喪失された場合には翌日に、国民健康保険、任意継続、被扶養者資格のいずれかに加入する必要があります。

もし、この手続きをしなかった場合には、強制的に国民健康保険に加入することになります。この場合は手続きをしなくても、納付から逃れる事はできません。

悪質な場合には、延滞税が発生したり、差し押さえなどの行政処分が発生します。

 

退職後、失業保険はもらえない場合もある!?

SnapCrab_NoName_2014-11-6_22-6-4_No-00

失業保険は、退職後、次の働き先が見つかるまでの間、生活に困らない程度でお金を得ることができるものです。退職後全員がもらえるという訳ではなく、2つの決まりごとがあります。

まず「働く意思と能力」があるかというと、「雇用保険の加入期間」になります。ここでは詳しくは記述しませんが、この2点が揃っていることが前提となりますので、確認しておきましょう。

申請をするには、会社から離職票というものをもらう必要があり、そしてハローワークに行き申請を行う必要があります。正確な計算はハローワークが行うことになりますので、そこを参考にするようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ