スーツでも安心!自転車通勤に最適な服装の選び方

150501-0033

長引く不況で財布の懐が寂しくなる中、最近では毎日の通勤手段も、車やバイクから経費の掛からない自転車に切り替える人が急増しています。

自転車はお金が掛からない上、環境にも健康にも良いとされていますが、通勤中は軽い運動をすることになるため、気候や体調など、その日に合わせて服装には気を遣わなくてはなりません。

ここでは男女共にオールシーズン最適な自転車通勤ができるよう、通勤時の服装について詳しくご紹介します。

 

男性の場合は特に首周りの汗対策を念入りに

150501-0035

男性の場合は、スーツ+ネクタイが基本の通勤スタイルとなるため、特に首周りの汗対策は念を押しておきましょう。

ネクタイを締めると体温が上昇して発汗しやすくなり、すぐにシャツの襟ぐりが黄ばみや黒ずみで汚れてしまいます。

また、襟ぐりの他にもシャツの手首周りや、下半身を覆うスラックス全体(特に裾周り)も同様に汚れが目立ってきます。

特に季節問わず普段から汗をかきやすい方、ニオイが気になる方は注意してください。

 

首周りの具体的な汗対策

通勤時はネクタイを外し、シャツの襟が直接肌に触れないよう首にタオルを巻きます。

この時、タオルの端はシャツの中に軽く押し込んでおきます。

会社に着いたらタオルを外し、通常通りネクタイを締めて下さい。

また、夏から初秋にかけてクールビズによりノーネクタイが許可される会社も多いと思います。

その時も汗が気になるようであれば同様に、通勤時や外出時はタオルを使用することをおすすめします。

 

手首周りの汗対策

手首周りの汗対策には「アームカバー」が非情に効果的です。

アームカバーは「女性向き」という印象がありますが、最近では男女共に季節に沿った高性能な商品が多く出回るようになりました。

アームカバーは非情に通気性が良く、シャツの下着用するだけで汗やニオイをカバーして服の汚れを抑えてくれます。

また、UVカット効果もあるので、紫外線対策や日焼け防止にもなります。

 

スラックスの汗対策

上半身の衣類同様、下半身のスラックスも十分な汗対策が必要です。

特に気温の上昇する夏場はスラックス1枚だけだと汗だくになって、ニオイや汚れで悲惨な状態になってしまいます。

最も効果的な対策は、スポーツ用のアンダーウェアを着用すること。

スポーツ用と言っても高価なスポースメーカー品を用意する必要はなく、大手衣料品会社の比較的安価なアンダーウェアで十分対処できます。

自転車通勤は意外と動きが激しいので、綿素材よりも体の動きに柔軟に対応できる伸縮性に優れたニット素材のものを選ぶようにしましょう。

 

女性の場合はパンツスーツが更衣室で着替えるのがおすすめ

150501-0034

女性の場合は、比較的柔軟な動きに対応できるパンツスーツを選ぶようにしましょう。

スカートタイプは裾が広がらない分非常に自転車に乗りづらく、運転中に下着が露出してしまう危険性があるので極力避けて下さい。

もしどうしてもスカートタイプのスーツで自転車通勤する場合は、手持ちのバッグでスカートの中が見えないようにカバーしましょう。

会社に更衣室がある場合は、通勤中は動きやすい服装で自転車に乗り、職場に着いてからスーツに着替えるようにするのがベターです。

 

荷物の嵩張る寒い冬の通勤対策は?

150501-0036

男女共に自転車通勤で夏と同じく辛い季節が寒い冬。今度は汗対策でなく、防寒対策に力を入れなくてはなりません。

身を刺す様な寒さに加えて、冬場は何かと荷物がかさばるもの。分厚いコートに手袋やマフラーなど、細々とした小物類だけでも煩わしく感じることでしょう。

そんな寒い冬を乗り切るために効果的なのが、ヒートテック効果のあるインナーウェアを活用することです。

特に極薄のヒートテック加工の衣類を2枚重ね着すると、衣類との間に空気の層がつくられるため保温性が増します。

セーターやパーカーなど、分厚いアウターを何枚も重ね着するより、極薄インナーを用いる方が保温効果も高く着膨れしません。

特に冷え性や体調不良が心配な人は、上下ともに温かいインナーウェアを一式揃えておくと極寒の時期でも重宝します。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ