職場のややこしい人間関係を改善させる方法

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-5-42_No-00

会社でも、アルバイトの仕事場であろうとも、そこでは様々な環境を抱えた人が働いています。個々の能力もありますが、組織として運営しチームで最高の力を発揮することが求められるわけです。

ここで重要になるのが、マルチタスクです。これは分担適応能力というものですが、1と2を平行でできる能力になり、女性が得意とするものです。

実は組織において、マルチタスクが可能な人材が最低でも1人は必要だといわれています。しかし、これが人間関係をややこしくさせていることは間違いありません。

そんなめんどくさい人との関係をどのようにすれば、改善が可能なのでしょうか?

 

職場の人間関係は友達とは違う

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-5-0_No-00

上司が気軽に話しかけ、上下関係がほとんどなくラフな職場は落ち着くと思われるかもしれません。ですが、これは最初は良いのですが、後々ひずみが生じてくるので注意が必要です。

というのも、ラフな関係はある場所から、友達感覚になり始めます。最初は気付きにくいのですが、どんどんエスカレートしていき馴れ合いのような雰囲気になってしまうのです。

こうなると、新しく入ってきた社員などは、「なんだここは?」と馴染めない場合が多いわけです。すると人間関係が複雑になってきてしまい派閥のようなものが登場することになります。

さらに馴れ合いですから、仕事の場面でどうしても注意しなければならないところが、あまり注意する意味すらなくなってしまい、形式的なものになりやすくなります。

こうなると、遅刻は増えるし、提出期限を守らなくなるなど、社会人としての基本が欠如した人が増えていきます。ここまでくれば、組織としての人間関係は崩壊していると言って良いでしょう。

仲良しであれば、良好化といえばそうではありません。あくまでも職場は仕事をするところです。仕事とは、会社の業績を上げることが最大のテーマですから、それに向わない関係であれば、崩壊しているようなものです。

ここをあまり理解できていない職場が多いようで、経営陣は頭を悩ませている企業も多いものです。自分が働く会社はどうなのか、考えてみるのも良いかもしれません。

 

ややこしい人とも上手に付き合う方法

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-5-25_No-00

職場では上司もいれば、同僚もいて、後輩も存在します。年齢層も自然と広くなりますので、自分の性格に合わない人も中には登場することでしょう。ここをいかにして乗り越えることができるかによって、雰囲気は変わってきます。

仕事をする場所ですので、喋る相手を好き嫌いで選んで良いわけではありません。嫌な気持ちも仕事だからということで抑えて、しっかりと対話をすることは非常に重要なのです。

最初は難しいかもしれませんが、割り切って会話をすることで、意外と人間関係が改善される場合も多いのです。あまり知られていなかった一面を発見できることは、とても嬉しい事です。

注意点としては、全員にいい顔をして評価を受けようと思っても、無駄だということです。これをしてしまうと、逆に人間関係が悪化してしまうので、気をつけましょう。

このように、職場での人間関係はちょっとしたことで崩壊する危険性があります。上記のことが当てはまる場合には、すこし参考にして改善できる簡単な方法ですので、試してみてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ