センスがいいと思われる!ネクタイの正しい選び方

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-14-28_No-00

スーツによってネクタイの色や柄などを変えることや、シャツによって変化を見せるのは、仕事をスムーズに進める上でとても重要な働きを持ちます。自分が思っている以上に、相手はネクタイについてしっかりと見ているものです。

では、どういったときに、どんなネクタイを選ぶのが無難なのでしょうか?覚えておきたい柄について見ていきます。

 

ネクタイはすこし暗めの赤がおすすめ

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-13-42_No-00

無地(ソリッド)は、どんな柄にも合わせることができる基本とされています。紺や茶色、黒や赤などその時の雰囲気や自分の気分などであわせることができるので、使いやすいのです。

特に赤は行動力が発揮できるということですから、大事な会議やプレゼンなどがある場合には、濃いというよりかは、すこし暗い感じの赤を選ぶことでやる気がアップするというデータもあります。

なんにせよビジネスの基本は無地と言われるぐらい、オーソドックスであり、相手を不快にさせるようなこともないでしょう。これが分かっているだけで、社会人として通用する機会は増えそうです。

 

英国式のストライプはオシャレな大人に

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-13-30_No-00

ストライプのタイプは、アメリカ式と英国式で模様の流れ方が違ってきます。ストライプの線が左から右に上がっていくのが、英国式のヨーロピアンスタイルと呼ばれるものです。

一方、左から右に下がっていくのが、アメリカ式ということで違いが出ているのです。日本においてはどちらでもかまいませんが、古くからの風習として、「右肩下がりは演技が悪い」と思われています。

そのため専門店などで取り扱っているのは、ほとんどが英国式になります。また、このタイプのネクタイでは線の幅が太いか細いかで違いを見分けることができるので、ここをどの程度まで考えるのかが課題です。

使われている色は少ないほど選び方としては失敗しないと言われています。仕事の時は基本的に線が細いものを選ぶのがベストでしょう。

 

ドット(水玉)のネクタイは女性に人気

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-18-44_No-00

無地やストライプに比べて、使用する人が少ないのが水玉のネクタイです。「水玉は女性が使うもの」という認識が古くからある関係もあるようです。

しかし、このドットのタイプは使われている色が少ないことが多いので、シャツとしっくりくる場合が多いので、選びやすいですし使いやすい場合が多いのです。

好みという問題もありますが、大切な会議などで使用したとしても、なんら問題はありません。ネクタイの選び方としても、ドットは仕事としてもアリだと言えます。

 

チェック柄のネクタイはカジュアルに

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-15-9_No-00

ネクタイの選び方として、多くの人が採用しているのが格子柄のチェックです。グレンやギンガムなど様々な種類があるので、慣れている人でないとどれを選べばよいのか、ちょっと分かりにくいという欠点もあります。

無地やストライプに比べると、若干カジュアルな感じになりやすいので、大事な会議など重たい雰囲気が漂う場合には、チェックは不似合いだとも言われているので、あわせるのが難しいとも捉えられます。

しかし、選び方の基本としてカジュアルなチェックがあれば、普通の仕事の時などに明るい雰囲気を出すことができるので、あえて選びたいネクタイです。

このように選び方によって、紹介したこの種類を変えていく必要があります。その時々に合うものを選べるように、上記で挙げたものぐらいは持っているようにしましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ