いざという時のために知っておきたい!退職願の書き方

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-3-57_No-00

円満に会社を辞めるために必ず覚えておくべきことは「退職願」についてのマナーです。

一言で退職願と言っても奥が深く、適当に一筆書いて提出すれば「ハイ、終わり」と単純に事が済むわけではありません。

自分のポジションや辞職理由によって書き方も違ってくるため、一つ間違えると直属の上司から再提出を命じられることもあります。

辞職間際になって大恥をかかないためにも、一社会人として職場を去るための準備は予めしっかりと下調べした上で取り組んでいきましょう。

 

知らないと恥!?辞表と退職届と退職願はどう違う?

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-6-4_No-00

よく混同されがちなの3つの言葉ですが、自分のポジションや辞職理由により使い方が異なります。どれも同じ意味だと思って適当に書くのはNGです。

基本的な扱いとして、

  • 退職願→自己都合による退職の場合
  • 退職届→会社都合による退職の場合
  • 辞職願(辞表)→役職に就いている人が退職する場合

となります。

特に注意したいのが3つめの「辞表」です。

よく刑事もののテレビドラマで、作中の職員が「辞表」と書かれた文書を提出していますが、辞表とは本来会社の運営に携わる取締役などの重役、もしくは公務員が用いるものですので、くれぐれも間違えないよう注意してください。

一般企業の役職を持たない社員が自己都合により辞職する場合は「退職願」、リストラなど会社都合による辞職の場合は「退職届」扱いとなります。

 

テンプレートが便利!退職願の書き方

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-8-58_No-00

退職願は白地のB5用紙に、黒の万年筆またはボールペンで縦書きに手書きで作成するのが一般的です。

最近では、専用のテンプレートを用いてパソコンなどで文書を作成する方法もありますので、自分に合った方法を探してみてください。

特にこれまで辞職した経験がない場合や、文章に自信がない場合は、予め用意された定型文またはテンプレートを用いると失敗がありません。

退職願を書く時に注意すべきポイントは

  • 書き出しは「私事」または「私議」と記入する
  • 具体的な理由は記入せず「一身上の都合」とする
  • 文中の日付は退職願を提出する日を記載
  • 宛名は社長名を記入する
  • 自分の名前は社長の名前より下に記入する

以上5つです。丁寧に記入したら「退職願」と表に記入した白地封筒を用意し、文書を収めて提出しましょう。

 

目指すは円満退社!退職願を提出する際の心構え

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-10-11_No-00

退職願は、退職当日に直属の上司に提出するのが一般的ですが、企業によっては直接社長に提出する場合もあります。

円満に会社を辞めるためには、まず職場の規定に基づいた退職規定を確認しておきましょう。

辞職を申し出る時期は「退職1ヶ月前」というのが一般的ですが、企業理念やその時の雇用情勢等により、辞職までの猶予を1ヶ月以上取っている場合もあります。

近年は人手不足の影響で、引き継ぎの人材を探し出し育成するまでに時間が掛かるケースも多いため、早めに意思表示をして会社を辞める準備をしていくのがベターです。

 

番外編!在職中に社員が亡くなった場合の退職届け

もしも事故や病気などで在職中の社員が亡くなった場合は、遺族が「死亡退職届」を提出する必要があります。

この時、社員証など会社側から貸与されていた物があれば、退職届けと一緒に渡しましょう。

在職中に職員が亡くなるケースは稀ですが、いざというときの為に心にとめておくと良いでしょう。

特に危険と隣り合わせの職業に携わっている人は、「遺族年金」など退職後の手続きに関することも予め調べておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ