もう悩まない!会社の人間関係を良好にする方法

SnapCrab_NoName_2014-11-11_13-53-5_No-00

ビジネスの世界では、組織が結託して成果を出していきます。そこには人間関係という非常に重要で、そして壊れやすいクモの糸とも呼べるべきコミュニティがあります。

ここを上手く機能させることにより、組織は飛躍的に作業効率を上げられるので、どう処理していくかが課題になります。

上司や部下、男性や女性など、様々な環境を持つ人々が一緒になるからこそ、そこには大変な一面が出てくるとも言えます。

ここを良好にできれば、仕事もきっとやる気を出して行うことができるようになります。

 

感情を抑えるのも人間関係を良好にする秘訣

SnapCrab_NoName_2014-11-11_13-53-30_No-00

人から注意を受けたり、上司から叱られるといった場合には、どんな人でも嫌な気持ちになります。時には理不尽なことで小言を受けることもあり、その時はイライラしてしまい表情に出てくることもあるかもしれません。

そうした人は、人間関係を悪化させる原因になりかねませんので、注意することが必要になります。会社では多くの人間関係が存在しているので、時には感情を抑えることも大切です。

もちろん、ずっと抑えておくとストレスによって暴飲暴食、胃潰瘍などを引き起こす可能性がありますので、ここだけは注意しておかなければなりません。自らがどのような性質を持つかにより、何ができるのかを求めることが重要になる訳です。

それがあることによって、恐らく多くの会社での人間関係は良好になるか、又は適切な対処をしたと判断されるので改善されるケースが目立ちます。

 

会社のデスクの上も人間関係に影響する?

SnapCrab_NoName_2014-11-11_13-56-44_No-00

意外だと思われるかもしれませんが、会社での人間関係を改善したいならば、整理整頓をするのが望ましいと言われています。実は、これはブロークンウインドウ理論(割れ窓理)と呼ばれる犯罪学の心理を使っています。

とある町で、窓ガラスが割れた建物があったとします。それを誰も注意せずに放置をすると、次第にゴミの放置などの軽微犯罪が多発するようになります。

これらが続くことによりモラルが低下し、次第に地域行事などに住民が無関心になり、警戒心がほとんどなくなります。すると、今度は重大な犯罪が発生しやすくなるのです。

つまり、一見無害に見えるような些細なものであっても徹底的に排除していくことで、その後の犯罪を取り締まることができるというものです。これを応用したのが、整理整頓ということです。

会社の人間関係が悪化している事務所や作業場というのは、この割れ窓理論が適応されている場合が多いのです。壁が壊れている、時計が停止したまま、事務所は乱雑で誰も片付けない・・・etc。

人が悪いのではなく、環境が悪影響を及ぼすことは十分に考えられますので、まずは整理整頓を心がけ、汚くなったらすぐに片付けることを徹底します。これだけで、驚くほど人間関係は良好になるのです。

 

素直に謝る気持ちを忘れずに!

SnapCrab_NoName_2014-11-11_13-54-22_No-00

会社の人間関係は大人が多いはずです。そうすると頑固になって、中々悪いことをしたのに謝れない場合が多いのです。お互いが頑固だとさらに話はこじれてしまい、周囲に対して悪影響を及ぼす危険性があります。

会社は仕事をする場所で、ケンカを行う場所ではありません。そこを把握することによって、普段の流れとは少し違う中身を手に入れることができるようになるでしょう。

これはとても大切なことですので、是非謝るというクセを身に付けるようにしてください。

会社の問題は意外と些細なことで改善できるものです。普段の仕事において、何か気になるところは無いでしょうか?

そこを考えることによって、大きな変化が訪れるかもしれませんので確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ