転職で失敗しないために…転職で成功するための考え方

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-41-47_No-00

終身雇用という言葉は、もはや死語に近いような雰囲気になってきています。インターネット技術が発達したことによって、他の企業の情報が簡単に手に入るようになったので、転職を気軽に意識できる環境が整っているからです。

しかし「転職」は重大な決断であるのと同時に、タイミングが悪いと失敗する可能性がとても高いので、難しい行動になります。

このタイミングを見つけることが、何よりも大切になるので失敗の原因を探しつつ、見極め力を付けていきましょう。

 

現在いる場所を窮屈と感じてる時の転職は失敗する

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-42-57_No-00

転職で失敗する要因としては、「現在の会社が不満で新天地を求めている」ときに動こうとすることが挙げられます。こうした場合では、どうしても気持ちがブルーになっているので、俊敏な動きを行うことができません。

これは脳の状態が活動的ではないことで起きるものであり、相手の面接官にはそれがすぐにバレてしまいます。経営者は元々感覚の鋭い方が多いですし、採用面接なれば様々な感覚を持っているのですぐに分かっています。

気持ちがブルーになっている状態を、見抜かないわけがないので、採用面接をしてもすぐに落とされてしまうのです。たとえ能力がズバ抜けていたとしても、そこを見つける前に、悪い部分が採用面接者の目に留まってしまえば、それでは無理でしょう。

したがって、今の会社で活躍できていないなと感じた時に思いつく転職は、ほとんどが失敗に終るので、その時は行動を控えたほうが良いのです。

逆に、活躍してノリに乗っている人は、違う会社で働くことなんて眼中にも思っていないかもしれません。その時は、現在取り掛かっているプロジェクトで頭がいっぱいで、キラキラと輝いています。

ブルーになっている時とは、全く違い脳はかなり活発に動いているんですね。こうしたときは、採用面接時に自分の強みを分かってくれるので採用確率が大幅に上がります。

この差というものが、大きく関係してくるので、失敗ばかりしている人が多いわけです。

 

不安や不満でする転職は成功しない

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-42-45_No-00

転職で失敗する人は、「現在の会社における人間関係に疲れてしまった為」ということを理由にする場合が多いです。これも典型的なダメなパターンであり、これだけには陥らないようにしましょう。

職場の雰囲気が悪いのであれば、それを作っている原因を分析して、ケリを付けてから望むのが適切だといわれているのです。

「それが出来れば苦労はしてないよ・・・」

こんな言葉が返ってきそうですが、相手の面接者はそうした人の状態を見抜いているわけです。どこか暗くブルーな印象を与えることは、かえってマイナスになるので、そうした気持ちで挑んでも意味がないわけですね。

そんな場合は「わざわざ」面倒な部分に足を突っ込んで、解決できる場合もあるかもしれません。それ想像するだけで、いつのまにか蟠りがスッキリして、転職なんか忘れている場合が多いです。

とにかく、不安や不満をまずは解決してから、その後のことを考えるのが一番成功しやすい心理状態と言えるのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ