バイト先でのトラブル…ギクシャクした人間関係を改善する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-55-3_No-00

非正規雇用の主な雇用方法として多いのがアルバイトです。簡単な作業を未成年者でも働かせることができるので、外食産業や小売業にとってみれば貴重な戦力となります。

バイトでも職場における人間関係には気をつけなければいけません。古株もいれば新米もいます。

そうした関係はとても微妙で、繊細な糸で張り巡らされているようなイメージは間違いではないでしょう。どこまで考えることができるかは微妙ですが、この糸が崩れてしまった場合は、かなり厄介なことになります。

そこでここでは、バイト先の人間関係を改善させる方法と、崩壊させないための簡単なアドバイスについて説明していきます。

 

人間関係が悪くなった時の改善方法は「許しの多段階活用」

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-56-51_No-00

バイト先の先輩との仲が悪くなり、周囲にもその悪い雰囲気が伝わり、どこか人間関係がギクシャクしてしまいます。それを改善しようと思っても、空回りしてしまい益々悪化してしまうこともありますね。

これは改善するという意識が強いあまりに、そして方向性が間違っているからこそ陥りやすい罠なのです。そこで、「許しの多段階活用」という技を利用することが有効でしょう。

相手との関係が悪化している時に、正面から何かを話したとしても、お互いがヒートアップしてしまい話し平行線になってしまいます。

そこで、まずは相手に対して遠くから攻めるようにします。たとえば手紙や電話などで話しをするのです。そして簡単なこと「明日○○をしても良いですか?」というようなことを聞きます。

そして、相手がそれに対して「OK」を出してくれた場合は、次にまた質問をします。それが成功したらまた次へ・・・。

このように何回も何回も質問をして回答をもらうということを繰り返していると「許しの多段階活用」という心理的な要素を含むことになるので、関係が改善しやすくなるのです。

遠いところから話しかけ、そして悪いところは許してもらう。これをすれば改善する可能性はぐっと高くなります。

 

バイト先で無視をしないであえて話しかける

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-55-51_No-00

バイト先で人間関係が悪くなると、特に女性の場合に多いのですが無視をすることがあります。次第に周囲に対してもその悪い雰囲気が伝播していき全体が悪くなります。

これを防ぐには張本人同士が、話をする環境を作るという方法が一番良いのです。挨拶でも良いですし、簡単な質問でもいいです。

とにかく何かをお話するという環境をどれだけ作ることができるのかが、改善に繋がるのでしっかりと考えて行動するようにしましょう。

 

問題が起きたら、すぐ解決すること

SnapCrab_NoName_2014-11-11_16-0-20_No-00

バイト先で人間関係が悪化する原因で一番大きいのが、誤解によるトラブルです。最初は些細なことだと認識して周囲を含めて放置していくと、溝がどんどん深くなり、気付いたら最悪な展開になっていることが多いものです。

この場合には、問題が発生した段階ですぐに解決しておく。簡単に言えば、部屋を常にキレイにしておくことが一番大切になるのです。

キレイな部屋は、汚そうという気持ちが起きないので、みんながきれいに使ってくれます。それと同じで、クリーンな人間関係の場合は、ちょっとよごれてもすぐに掃除をしておけば、ずっと清潔なままです。

問題をすぐに解決できれば、バイト先の人間関係の悪化を未然に防ぐことができるでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ