彼氏と喧嘩をしてしまったときの仲直りのポイント

SnapCrab_NoName_2014-10-18_18-6-16_No-00

恋人同士なら、時にはぶつかり合うこともあって当たり前だと思います。普段は大好きで仕方がない彼でもぶつかった時だけは、大嫌い!と思ってしまうこともありますよね。

また、言わなければ良かったと後悔するようなことも言ってしまうこともあるかもしれません。そうなると、今度は仲直りするのが大変になってくるのです。
ここでは、そんなピンチの時に、うまく仲直りするためのポイントをお話しします。

 

喧嘩の仲直り方法は会って話す

SnapCrab_NoName_2014-10-18_18-5-34_No-00

彼氏と和解をしたいのなら、なるべくメールやLINEなどではなく、直接会って話すようにしましょう。こういう時、文字だけのコミュニケーションになると、どうしても誤解が生じたり、気持ちがうまく伝わらずに余計に仲直りが難しくなってしまいます。

彼と喧嘩をして、ごめんなさいと謝る時に、文字か?声か?もしも、あなたが謝られる側だったらどちらの方が想いが伝わって来ると思いますか?やっぱり声の方が想いを感じ取ることが出来ますよね。言葉よりも声の響きで全てが解決することも多いと思います。

ですから、彼氏と口論して取り返しがつかないような状態になったならなおさらのこと、すぐに電話するか、会いに行くかして、直接謝るように心がけましょう。

 

言い訳をせずにとにかく謝る

SnapCrab_NoName_2014-10-18_18-7-20_No-00

彼氏との口論が激しければ激しいほどに、謝ろうと思っても、心の中には少々のわだかまりが残ることがあると思います。しかし、そんな時こそわだかまりを解消して、決して言い訳をしないようにすることがポイントです。

言い訳をすることで、さらに関係の修復が難しくなってきますし、口論した時よりも彼氏の怒りは倍増してしまいます。恋人と喧嘩をして取り返しがつかないような状態になってから和解をしたい時は、絶対に言い訳をしないようにしましょう。

 

彼氏に愛してるという気持ちをしっかり伝える

SnapCrab_NoName_2014-10-18_18-4-59_No-00

彼との口論で感情的になってしまうと、なかなか冷静にはなれず、「愛している」という気持ちを伝え忘れてしまいがちです。やり取りがこじれるほどに、言葉遣いも攻撃的になり、和解するのも難しくなりますね。

そんな時だからこそ、「愛している」という気持ちを言葉にすることがポイントです。二人の間に愛があるからこそ、ぶつかり合うのですから、最終的にはそれをストレートに伝えることが和解できる鍵になると思います。

いかがでしたか?取り返しのつかないことを言ってしまうほどに関係の修復は難しいように思えてきますが、ポイントを押さえて取り組めば意外とすんなり和解できることもありますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ