もう別れるべき?倦怠期にこれからのことを決断する時のポイント

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-23-46_No-00

どこのカップルにも倦怠期は訪れますが、それによって別れるかどうかの選択をする人も多いです。単純に今は二人にとって試練の時なんだなと思えればいいのですが、そうは思えない人もいるのです。

ここでは、倦怠期にぶち当たって別れるかどうかを決断する時のポイントをご紹介します。

 

彼氏を改めて観察してみる

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-24-5_No-00

恋が始まったばかりの時は、誰でも冷静には振舞えません。あばたもえくぼに見えるというくらいですから、惚れた腫れたでかなり冷静ではないのがわかりますよね。

倦怠期くらいになると、相手の欠点もちらほらと見えてきて、喧嘩が増えたり嫌気がさしたりすることも多くなるのです。でもそんな時こそ、相手を見つめ直す絶好のチャンスです。

今までは彼が全てだから別れられないと思っていたかもしれません。けれども本当にそうなのか?

倦怠期こそ、彼をもう一度見つめ直して、このまま一緒にいてもいいかを冷静に判断するべきです。

 

別れたほうがいいと思うなら別れる決断を!

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-23-11_No-00

彼氏のことをもう一度じっくりと観察してみることで、自分にとって本当に彼氏は必要なのか?ということもクリアになってくると思います。倦怠期だからこそ、こうしてクールに判断ができるわけですね。

このままズルズルした関係を続けるのではなく、もう別れた方がいいと思うのならあっさり別れを選んだ方がいいです。嫌な関係が長引くほど、今後はいい恋愛もできません。

一人の時間も増えると思いますが、そうしたリズムの中であんまり彼氏に会わなくてもいいやと思うのであれば、それはもう別れのサインなのだと思います。

 

倦怠期になると増える喧嘩のあとの決着は?

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-42-40_No-00

倦怠期はとにかく喧嘩が増えますね。喧嘩が多いほど仲がいいといいますが、本当にそうなのでしょうか?それは喧嘩の中身や決着によっても変わってくると思います。

喧嘩の決着ではお互いにちゃんと納得はできていますか?とりあえず、しずめて終わりという白けた感じになっていませんか?

そうした喧嘩の決着ばかりならもう別れた方がいいのかもしれません。もっとお互いの心の奥を知って前進できるような喧嘩ならいいですが熟年夫婦のような我慢しておさめるだけの喧嘩ならカップルの場合はしない方がいいのかもしれません。

倦怠期こそ、本当の意味でお互いの素の姿を出して喧嘩できるときでもあり、そこで別れる別れないが大きく揺れ動くことが多いです。この喧嘩でいいのかどうかは喧嘩の中身や決着を分析しながら考えるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ