同棲中の彼氏と喧嘩した時に早く仲直りするためのコツとは?

SnapCrab_NoName_2014-10-17_22-33-9_No-00

同棲しているカップルと別居しているカップルでは、喧嘩の内容は同じでも仲直りの方法などが変わって来ます。

その違いは、お互いの距離感にあり、同棲していることでお互いの距離が近いと仲直りも困難になってくるのです。

ここでは、そんな同棲中の彼氏と早く仲直りするためのコツをご紹介します。

 

お互いに一人になる時間を作る

SnapCrab_NoName_2014-10-17_22-34-1_No-00

同棲をしてひとつ屋根の下に居ると、お互いに頭を冷やす環境を作るのが困難になってきます。

しかし、頭に血が上っている時は、冷静にはなれないので、その勢いで喧嘩をしても言い争うだけになってしまいます。

そうなると、余計に怒りの炎は勢いを増しておさまりがつかなくなってしまうのです。

お互いに部屋があるのであれば、とりあえずは部屋にこもって一人で過ごす時間を作りましょう。たったの30分だけでも全然気分は違ってきますよ。

腹が立っている時に、目の前に相手がいるとどうしても機嫌が悪くなって、要らないことを言ってしまうのも当たり前です。一人きりになって自己と向き合う時間を作るように心がけましょう。

 

落ち着いてから話をする

SnapCrab_NoName_2014-10-17_22-35-21_No-00

気分をある程度しずめてから、お互いに冷静になったと思ったら、とことん話をしてみてください。

心の中にあまり不満をため込まないように、けれども言い過ぎてしまわないように、しっかりと理性を働かせながら話を進めて行くべきです。

言うべきことはちゃんと言わなければ、次もまた同じ喧嘩をしてしまうことになります。私はこう思ったから、こういうことを言ったなど、自分の気持ちを素直に冷静に打ち明けましょう。

自分が話して聞いてもらった分、彼氏の話も途中でさえぎることなくしっかりと話すようにしましょう。

 

話が終わったら外食でもする

SnapCrab_NoName_2014-10-17_22-34-48_No-00

よく気分転換に散歩をするといいと言いませんか?

外の風に当たれば、気分もリフレッシュできるなどよく聞きますよね。彼氏と喧嘩した時も同じで、外の空気にお互い触れることで気分転換ができて怒りもうまくしずまってくれます。

できれば、外で美味しいものを食べながら、場所を変えて彼氏と会話をすることで仲直りも早くなります。同じ家の中に二人でこもっていても、気分はだんだん暗い方向に行くだけです。

お互いに頭を冷やす時間を作って、謝ることができたなら、気分転換をするためにも外食をすることをおすすめします。外食が嫌なら、ドライブをしたり、少し散歩をするだけでも全然気分が変わって来ますよ。

仲直りをしてからも尾を引かないためにも、なるべくすっきりしておく方がいいですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ