お風呂ダイエットを始めよう!入浴中の運動について

SnapCrab_NoName_2014-11-16_22-23-12_No-00

お風呂は疲れを効率よく取り除くのに最適だと言われています。日本ほど、この文化を大切にしているところは少なく、かなり貴重な癒しタイムになっている人も多いのではないでしょうか?

最近はダイエットに良いということで、浴槽内で運動をして脂肪燃焼をしてしまおうという動きが活発です。確かに効果は高そうに感じますが、一体どんな方法があるのでしょうか?

 

お風呂はダイエット効果を高める!

SnapCrab_NoName_2014-11-16_22-24-18_No-00

お風呂に入りながらダイエット効果を高めることができる運動を「ハイドロセラピーエクササイズ」と呼ばれています。

浮力を利用し、そして温かい温度の中にいるのでちょっとした動きだけで大粒の汗が流れます。これを毎回試すことにより、ちょっとしたことでも驚きの効果を入手することができるようになるのです。

この方法は2種類ほどあります。お尻や太もも、お腹周りなど女性だけでなく男性でも気になる部分を重点的にほぐしてくれるので部分だけを痩せたいという気持ちにも応えてくれます。

毎日入浴する人がほとんどでしょうから、それだけ行う回数も増えるわけですから、その時間を有効的に活用しましょう。

 

お風呂の中で簡単エクササイズ

SnapCrab_NoName_2014-11-16_22-28-47_No-00

ではハイドロセラピーエクササイズのお尻と太もも編を見ていきます。これは足にお湯をつけたままの状態で行いますので、湯船の縁に腰をかけておきます。

ここで意識するのは、太もも内側の内転筋と呼ばれるものです。ここを引き寄せるように動くことで、お風呂のダイエットにおける運動の効果を高めることができるでしょう。

ではその方法ですが、湯船の縁に腰掛けたら両手を交差し、それぞれの膝を掴みます。そして両手で膝を開かせ、抵抗するように脚で膝を閉じるように動き、5呼吸。この同じ動きを8回ほど繰り返しましょう。

 

お腹をゆっくりと回しながらエクササイズ

SnapCrab_NoName_2014-11-16_22-25-52_No-00

では次にお腹周りを刺激する運動を行います。これをすることでお風呂に入ったままダイエットを続けることができるのでかなり効果は高いと考えられています。

まず湯船の縁に腰をかけ、両手を胸の前で組みます。左足を右足にのせ、組みます。そしてゆっくりと息を吐きながら、左ひじを右膝にかけ5呼吸します。肩があがりすぎないように気をつけて余裕があれば、肘で膝を押すようにして負荷をかけていきます。

お風呂に入って運動することでダイエットをする方法について紹介してきましたが、注意点として血行が良くなっているので、あまり無理をするとのぼせてしまう危険性があります。

無理をしない程度で軽く行うようにし、慣れてきたら上記で記述した回数に持っていくという方法を採用してください。

お風呂のダイエットにおける運動は、最初はけっこう大変です。しかし痩せやすい体質を作るだけでなく、部分痩せをも実現させてくれる可能性があるので女性の間ではかなり人気が高くなっています。

リラックスもできて、さらに痩せることができるなら嬉しい限りですからね!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ