低カロリーで大人気!おかゆダイエットに隠された効果とは?

SnapCrab_NoName_2014-10-18_17-20-7_No-00

女性ならば誰もが考えたことがあるダイエット。できれば簡単に痩せたいけれども現実は厳しく、毎日継続させなければ意味が無いものがほとんどです。

食生活を変えることは、痩せやすい体質を作るのに最適ですから、まずはそこから始めるのが良いかもしれません。

そこで今回紹介するのはおかゆです。低カロリーがウリですが、その効果について説明していきます。

 

おかゆダイエットは驚きの低カロリー!

SnapCrab_NoName_2014-10-18_17-23-41_No-00

おかゆは水分量に応じて名称やカロリーが変わってきます。通常のごはん100gは160kcalほど含まれています。炭水化物ですから体内に入れると糖に分解されます。

脳の栄養としてとても大切ですが、あまり多く摂りすぎると太りやすくなるのでダイエッターからしたら悩ましい相手ですね。

トロトロの全粥は100gあたり100kcalとだいぶ少なくなります。また一番水分量が多い三分粥になると30kcalにまで減らすことができます。

そして水気が多いので同じ一人前でも量を少なく済みますので、これもカロリーを減らす大きな要因として考えることができるでしょう。

 

おかゆが温かいことも、痩せるために必要な要因

SnapCrab_NoName_2014-10-18_17-19-1_No-00

おかゆがダイエットに効果があるのは、カロリーが低いからだけではありません。温かいというのもひとつのポイントになります。

これはどういうことかと言うと、温かい食べ物が体内に入ると、当然身体が温まり、体温が上昇します。すると代謝がよくなり内臓などの機能が活発に動き始めます。

こうすると一時的ではあるが、基礎代謝量も上がることができるのです。

実は摂取したカロリーの70%はこの基礎代謝で発散されるので、この部分をあげることができれば、痩せやすい体質を作ることができる訳です。

おかゆはカロリーが低いだけでなく、基礎代謝をあげることができるので、ダイエットにはダブルでの効果が期待されているのです。

 

おかゆは満腹にならないという弱点があった

SnapCrab_NoName_2014-10-18_17-19-46_No-00

いいコトずくめのおかゆですが、ダイエットにおいてひとつ弱点があります。それは満腹になりにくいということです。

水分を多く含んでいるので噛み応えがありませんので、満腹中枢を刺激できなくなるので、一時的にお腹が膨れたと思ってもそれは持続できずに、空腹を覚えることが多いです。

効果を出すためには、噛み応えがなかったとしても意識してアゴを動かすことが大事になります。

またこの食事だけにすると摂取カロリーが圧倒的に足りませんし、必須栄養素も不足してしまいます。イロイロなものをトッピングしてできるだけ偏らないようにしておきましょう。

おかゆがダイエットに効果的なのは、こうした意味が込められているんですね。ですが、これを継続して続けることができなければ意味はありませんので、頑張って継続させていきましょう!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ