コーヒーを飲むだけ!ダイエット効果は意外な結果に!

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-25-20_No-00

朝起きたらまずコーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか?

仕事の合間に一杯飲むという人もいるかもしれません。それぞれが好きな時間に飲むことができる、リラックス道具として愛飲されています。

しかし、これがダイエットに効果があるとしたら信じますか?実は、随分と前から減量という部分には着目されており、色々と紹介もされているのです。

 

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪燃焼の効果がある

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-25-51_No-00

コーヒーを飲むだけでダイエットをすることができるのは、含まれているカフェインが大きな影響を及ぼしています。眠気覚ましや覚醒などで知られていますが、それ以外にも脂肪燃焼をしてくれるというのだから驚きですね。

またクロロゲン酸という成分も無視できません。このクロロゲン酸は減量を頑張っている人なら知っている人も多いかもしれませんが、脂肪分解をしてくれる成分になります。

そのため、カフェインとクロロゲン酸を同時に摂取することができるので、体重を落としたいと考えている人にとっては願ったりかなったりなのです。

 

インスタントよりドリップが効果的

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-24-46_No-00

どんなコーヒーでも特に問題はありませんが、ダイエット効果を高めたいならばインスタントよりもドリップを選びましょう。

こちらのほうがカフェインやクロロゲン酸の量は多くなることが分かっています。朝は簡単にインスタントに済ましても良いでしょうが、夜のひと時ぐらいは時間をかけてドリップなんかも良いかもしれませんよね。

また、「深煎り」ではなく、「浅煎り」のコーヒー豆が適切だとされています。クロロゲン酸は熱に弱い性質を持つので、浅煎り豆のほうが良いとされているのです。

 

コーヒーは1日5杯までにしておくこと!

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-29-7_No-00

コーヒーでダイエットをしたいならば、1日5杯というルールを忘れる訳にはいきません。

カフェインは摂取しすぎると体調不良を引き起こす可能性もありますし、大量に摂取すれば効果をより高めるというものではありませんので、1日5杯を大前提として考えておくことが必要です。

また4時間おきに頂くというのもひとつのポイントです。1日5杯といっても続けさまに飲んだとしてもあまり良いとは言えません。

コーヒーダイエットの効果は3時間ほど継続するといわれていますから、その通りに実施するというのが大切な要素になるのです。

 

ダイエットならアイスよりもホットを選ぼう

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-29-47_No-00

飲み方としてはアイスよりもホットを選ぶのが良いでしょう。しかしクロロゲン酸は熱に弱いので80度前後の熱さにしておくのがポイントです。

そして可能な限りブラックで頂くことが大切です。ブラックは苦くて飲む自信が無いという人もいることでしょう。ただここで砂糖を入れると減量をしている意味がなくなりますから、豆乳などと混ぜるなどして飲むようにしましょう。

これらは代表的な飲み方になります。もちろん食事制限や運動などを適切に行う必要はありますから、そこだけはしっかりと覚えて飲むようにしましょうね!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ