気になる下半身に!スクワットダイエットを始めよう!

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-31-18_No-00

ダイエット目的で運動をしている人は多いでしょう。有酸素運動が大切だということで、ジョギングや縄跳びなどをして毎日汗を流して健康と体重管理に徹底していることは素晴らしいです。

しかし、それをする前にスクワットをすることをオススメします。どうやら減量効果を高めてくれることが分かっており、アスリートですら採用しているのです。ではどんな方法が良いのでしょうか?

 

スクワットダイエットは基礎代謝がアップする

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-26-57_No-00

スクワットをすることで、大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといった筋肉をはじめ、下半身じゅうの大小の筋肉群が総動員されるのですが、その中でもこれらのものは大きな筋肉に分類されます。これらを鍛えることによって、消費エネルギーを大きくさせることが可能になるのです。

筋肉量が増えるということは、基礎代謝を上げることにつながります。基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことです。

実は摂取エネルギーの70%は呼吸や動き内臓の活動などで使われるので、まさに生命維持には欠かすことのできないものに使われることになります。その中でも一番大きくエネルギーを使うのが、きんにくという訳です。

ダイエットするにはこの動きを身に付けることで効果をさらに高めてくれることは間違いはないでしょう。

 

正しい方法を身につけなければ効果がない

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-22-54_No-00

しかしスクワットは適切な方法を使わなければ、膝などを痛める可能性があるので注意してください。ここでは正しいやり方について見ていくことにします。

まずボディメイクコントロールについてです。これはお腹周りをどうにかしたい場合に用いるものです。普通はお腹といえば腹筋運動を思いつく人が多いかもしれませんが、正直あれをしたところであまりぽっこりをヘコますことはできません。

背中をまっすぐに伸ばして、両腕を頭の後ろに組みます。そこから膝を落としていき水平になるところまで8カウントしながらゆっくりといきます。

そして8カウントでまた元の姿勢に戻るのです。これを15回行うことで、お腹周りにしっかりと刺激を与えることができるので、ヘコますことができるのです。

 

つま先スクワットが下半身に効果的

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-26-6_No-00

ダイエット効果を高めたいならば、つま先でスクワットをする方法を身に付けることが大事です。

まず足を腰幅に開き、丹田(たんでん:みぞおちから指三本下のところ)に力を入れて姿勢を整えましょう。 息を吸いながら、つま先立ちになります。

このとき、かかとを床から遠く離して太もも内側の内転筋を引き寄せバランスをキープします。そして息を吐きながらつま先立ちのままゆっくりと腰を下ろします。これを10回繰り返すだけで効果がでるのです。

このように、ダイエットは正しい姿勢で望むことができれば、効果をより高めることができるようになりますので、この方法が身に付くまでは慣れないかもしれませんが、何度も行い自分の力にしていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ