効果に差がでる!ストレッチダイエットの正しいやり方

SnapCrab_NoName_2014-11-19_14-38-0_No-00

日頃の仕事や勉強などで長時間同じ姿勢でいると、筋肉が凝り固まってしまい血液の流れが悪くなることで、肩こりや腰痛などを引き起こします。

そんな時にはストレッチをして部分を伸ばしてあげることが効果的になるのですが、どうやらそれだけではなくダイエットにも効果があると言われています。

 

ストレッチによって代謝がアップ

SnapCrab_NoName_2014-11-19_14-38-33_No-00

ダイエット効果と聞くと有酸素運動をして脂肪を燃焼させることばかりを考えてしまいます。しかし人体の構造を見ると、基礎代謝というものが1日の全消費エネルギーの約70%をも占めることが分かっています。

基礎代謝とは体温を作り出したり、心臓や内臓などの活動や呼吸を行うなど生命を維持するのに必要不可欠なエネルギーになります。そして基礎代謝で一番エネルギーを消費しているのが意外かもしれませんが筋肉です。

これは20歳頃をピークとして少しずつ全体量が減っていきますので、それに合わせるかのように基礎代謝が落ちていきます。

そのため年齢を重ねると太りやすい体質になると考えられているのです。そこで減量を考えるときは、体にたまった脂肪を燃焼するだけでなく、体全体の量をアップさせることを前提に考えるのが理想なのです。

 

ストレッチで血液の循環が良くなる

SnapCrab_NoName_2014-11-19_14-57-23_No-00

ダイエット効果には筋量を維持させることが必要だということがわかりました。ともすると、腕立て伏せや腹筋などハードなトレーニングが必要ではないか?と思うかもしれませんが、そんなことはせずとも、ストレッチだけをしていれば問題なく代謝を活発にしてくれます。

普段から同じ姿勢をとり続けることが多く、さらに運動することが少ないと筋肉の血流が悪くなってしまいます。

するとこれでエネルギーが消費されにくくなるのです。そこで筋肉を伸ばしたりほぐしたりすることで、血液の循環を良くして酸素を上手に行き届けることができるの、基礎代アップにつながります。

 

ストレッチダイエットは入浴後が一番効果的

SnapCrab_NoName_2014-11-19_14-39-3_No-00

ではストレッチダイエット効果を実行するには、どんな時間帯に行うのが効果的なのでしょうか?

一番筋肉が凝り固まった状態から行っても、ほぐすだけで精一杯になるのであまり効率が良いとは言えません。一番状態としてよいとされているのが、入浴後です。

入浴をすることで、筋肉が柔らかくなっていますし、リラックスもしています。このときにストレッチをすることによってさらに代謝をアップさせることが可能なのです。

起床直後に行う人もいるようですが、頭も体も固くなっている状態ですから、こちらも効果的とはいえません。

このように代謝をアップすることを考えれば、それだけで痩せるというものではありません。

しかし全消費カロリーの70%を生命維持に必要としていることを考えると、この部分を効率よく燃焼させてあげることができれば、痩せやすい体質を作ることは可能となるでしょう。

難しいことではなく、入浴後に体を伸ばしたりしてこの部分を維持させればよいだけなので、習慣にすることが比較的容易です。しっかりと体を伸ばして、できるだけ健康な状態を維持させておきたものですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ