考えが重要!ダイエットしてもリバウンドしない方法

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-14-4_No-00

体重を落としたいからダイエットをしているのに、気づいたら開始前よりも太ってしまっている・・・。こんな経験をしている人はとても多く、リバウンドに悩んでいるものです。

しかし、ダイエットについて回るリバウンドは何故発生してしまうのでしょうか?

 

リバウンドしない方法は無理をしないこと

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-13-43_No-00

人間の体は生命維持活動においてはこれでもか!というほどの意地を見せます。通常とはかけ離れたスピードで体重が落ちると、生命の危機と感じ取り防衛本能が働きます。

つまり、少量の栄養でも外に排出するのではなくとことん吸収してやろうという体質になってしまうわけです。

そうしなければ、生命を維持させることが難しくなるのですから考えようによっては当たり前の話です。そのため、ダイエットを続けていても一定の値にまで下がったらストップがかかるかのように、下げ渋ることがあります。

これは異常でも何でもなく、人間が本能として行っていることなのでどうすることもできない部分です。

そこをオーバーして、目標の体重まで落とすことで長くツライダイエットを終えたと思ったら、そこからは地獄の始まりになる訳です。

今までちょっとした栄養でも体内に吸収させようという体質だったのに、そこから急にドカ食いが始まるわけですから大変です。通常よりもかなりの量を体内への吸収に回すので、信じられない速度で太っていくのです。

これがリバウンドです。つまり、人体にとって悪影響を与える水準になるまでの苛酷な方法を採用することによるしっぺ返しがこれなのであり、それを引き起こしているのは無理なダイエットがほとんどということです。

 

短期ダイエットはリバウンドしやすい

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-14-13_No-00

人間の体は簡単に痩せるようには出来ていません。だって痩せてしまったら、元気に動くことができませんからね。

そして長く生き延びるためにはある程度の栄養が必要になるので、それを体内に蓄積させる動きがあるので、簡単に痩せるということはできないようになっているのです。

そして基本的な原則も無視はできません。たとえば1年間で10kg太った人が、3ヶ月で10kg痩せたいというのは自分勝手な考えですよね。普通に考えるならば、1年間で10kg太ったならば、1年かけて10kg痩せるという気持ちを持たなければいけません。

どうもやせるものを短期間で達成させようという気持ちが強いがために、無理なダイエットに走り、そしてリバウンドをしてしまっていう人がとても多いのです。短期間でもし成功するのであれば、肥満体型の人は世界を見てももっと減っていてもおかしくはありませんよね。

皆が苦労しているのはまさにそこであり、短期間で痩せたいという気持ちがとても強いというところに苦悩があるのです。

ダイエットの前提は、気長にそして楽しく行うことです。ツラく激しいものは途中で挫折するか体調不良になるかリバウンドで元に戻るだけです。

ここをしっかりと自覚しておくことで、リバウンドをしない方法がなんとなくわかってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ