食事制限ダイエットは危険!?栄養失調にならないために

SnapCrab_NoName_2014-11-25_15-59-52_No-00

ダイエットをするならば食事制限と運動は非常に大切になります。その中でも食事の制限は常に考えておかなければならない重要なポイントです。

何故ならば運動で消費できるカロリーには限界があるので、食べるという部分で制限をかければ運動をするよりも効果的だという基本的な考えです。

しかしデタラメに抑制をしてしまうのは、体調不良や栄養失調になる危険性がありますので、どうすれば健康を損なうことなく食事に関して見直すことができるのでしょうか?

 

短期ダイエットはリバウンドの危険性も

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-0-16_No-00

1週間で5キロ痩せたい!と考えるのか1ヶ月で5キロを落としていくのかによって、ダイエットの内容は当然変わってきます。短期間で痩せると体は異常と感じ取るので防衛しようとするので、逆にリバウンドが怖くなります。

かといって、1ヶ月というまとまった期間をモチベーションを一定にして取り組むのも難しいものです。

そのため減量は失敗ばっかりしている人が目立つのです。まずは自分がどれくらいの期間で何キロ痩せたいのかを明確に持つことが大切です。

もし短期間で痩せたいのであれば、断食という究極の抑制をするのが簡単です。

水かお茶のみ摂取するという期間を2日だけ設けます。こうすることで胃腸も回復できて体重を落とせるので一石二鳥ですが、長く続けることは危険なので短期決戦向けですね。

 

食事制限より食生活の改善を!

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-0-29_No-00

実はダイエットのために食生活をコントロールするというのは間違った考え方です。どういうことかと言うと、規則正しい生活を送り、カロリーを気にしながら食事内容に気を使うことは常に求められることです。

それを毎日続けることができている人は、ダイエットという悩みに直面しませんし、健康的な毎日を送ることができます。

そのため減量という目的でのコントロールはそもそも最初の段階で考えが破綻しているので、期間というものを設定するのが間違っています。

切り替えたならば、そこからずっとコントロールをして、それが当たり前のような生活にしていくのがダイエットを成功さるのに一番効果が期待できる方法です。

 

手間がかかる料理は避けよう

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-1-33_No-00

制限を考えると聞くと面倒と思うかもしれません。痩せるにはちょっと面倒な作業が多いというのも事実ですが、慣れてくればそれが当たり前になるのでどうってことはないです。

しかし、朝からスムージーを作ったりちょっと手間がかかる料理をするという制限をしていると、逆に続かない危険性もあります。

上記でも説明したとおり痩せるには毎日の継続が必要になります。ということは自分が面倒になっていないということがダイエットを成功させるのに一番必要な考えになるのです。

食事は人間にとって唯一の栄養補給になりますので、そこでどんな食品を摂取したのかによって、未来の自分の体が変わってきます。そこを念頭に置いて様々なことを考えることは健康にとても大切になるのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ