ダイエット中の間食は場合によっては痩せる!?1日5食ダイエット

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-24-45_No-00

ダイエットをしようと考えている人は、間食をすることは絶対NGだと思い込んでいるでしょう。カロリーも増えますし、和菓子や洋菓子などを食べることは減量に効果はないハズです。

しかしながら、時間をしっかりと見計らった間食というのは逆にダイエットに効果があるということが判明しています!もしこれが本当ならガマンをしなくても良いですね。

 

間食をしても1日の摂取カロリーを守れば痩せる!

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-23-15_No-00

まず知ってもらいたいのが、1日2食の生活が一番太るという事実です。ダイエットを頑張っている人は朝食を抜かす人も多いですが、そうすると昼食と夕食で食事制限をしたところでも、体が栄養をより多く吸収しようという働きをするので太りやすくなるのです。

そして朝食を抜かした場合は、インシュリンが多く出て血糖値を下げます。そのためかなりの空腹感を感じることになり通常よりも多く食べる傾向が強くなることも、太りやすい原因だろうと考えられています。

健康にもけっして良いとは言えないので、1日3食をしっかりと食べることを習慣づけることが大切です。

そして本題の間食ですが、1日の摂取カロリーの上限を超えない範囲で食べることをオススメします。そのため冒頭でも出てきた和菓子や洋菓子などの糖質もカロリーも高い食べ物はできるだけ避けるのが良いでしょう。

しかし、何かでお腹を膨れさせるというのは、それだけで減量に効果が期待できるのです。

 

1日5食がダイエットに効果的?

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-23-33_No-00

医学のデータでは、1日5食という習慣がついている人が一番痩せやすいという結果になっています。今までの常識が覆されている人も多いかもしれませんが、何故このような結果になっているのかを見ていきましょう。

上記でも説明したように、空腹時にはインシュリンが出て血糖値を下げることでお腹が空いたことを自覚します。その傾向が強いと、より多く食べようと考えてしまいダイエットに支障が出てしまうのです。

ということは、空腹感をそこまで感じさせないようにうまく調整することが大切です。そのために間食を利用します。

理想としては朝とお昼の間、お昼と夕の間に食べて計5食ということです。普段から食べなれていない人もいるかもしれませんが、これを実施することで食べすぎを抑制でき、結果的に摂取カロリーを低く抑えることができるのです。

ダイエットで間食がNGというのは半分当たっています。間食と聞くと、どうもケーキやクッキーなどを思い浮かべてしまいますが、そういったものは当然ながらダメですよね。

バナナや寒天などカロリーが少ないもので腹持ちが良いものを食べることで空腹感を抑えて、インシュリンが出る量に制限をかけるのです。

昼食も夕食もそうすることで少なく抑えることができるので、食べ方や時間を上手に組合わせることで大きな成果をもたらしてくれるでしょう。

普段の生活を少しだけ変えることで、減量はとても上手くいきます。ダイエットでは常識に捉われない自分のスタイルを築くことが大切です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ