スープダイエットのやり方とリバウンドの危険性

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-43-5_No-00

ダイエットを考える時に大切になるのが、「その後の生活」ですね。基本的にはずっと運動や食事制限などを続けるのがベストですが、中々それも難しいもの。目標体重まで落ちたら食生活を戻し運動はしなくなってしまいます。

すると問題になるのが「リバウンド」です。運動で筋肉がついて代謝が活発になり、さらに基礎代謝に関しても元気ならば、太りにくい体質を維持させることができます。

リバウンドは起こりにくいのですが、食事制限だけのダイエットだった場合にはリバウンドがすぐに訪れます。

では最近巷で話題になっているスープダイエットはどうなのでしょうか?スープダイエットはこの例から考えると、すぐに体重が戻りそうな気がしますよね。

 

スープダイエットは7日間行う

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-42-58_No-00

スープダイエットプログラムは基本的に7日間を考えています。毎日決まったスープを飲み炭水化物や糖質など太る要素とされるものを徹底的に排除していきます。

まるで修行僧のような苛酷な食事制限をしていくので、恐らく1週間でも続けるのが大変だと感じる人もいるかもしれません。

この間は基本的に運動はしません。食事制限という名目だけで短期間に痩せることを目指しているのです。

これは心臓病などの患者が手術をするために減量しなくてはならない時、このスープダイエットのメニューを出して手術日までに痩せることを目的としているので、効果はバツグンです。

 

短期間で痩せることはリバウンドに繋がる

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-43-45_No-00

スープダイエットの効果として考えることができるのは、人体は生命活動を持続させるために、現状維持という状態を常に作り出します。

そういった基本的な仕組みがある為に、体重を短期間で急激に落とすと体は危機的状況だと察知して、少しの脂肪でも分解することなく体に蓄えるよう脳が命令を出します。

すると体は守りモードに入りますから、ちょっと食べ過ぎただけでも異様に体重が増加してしまうわけです。

スープダイエットは短期間でかなりの減量を目的としているので、まさに体的には危機です。すると守りに入りますからリバウンドはどうしても発生してしまうわけです。

人間の体そのものの作りですから、そこをコントロールすることはとても難しい問題です。短期間で痩せることは、あまり歓迎はされていないわけです。

 

食事制限は継続的に行うこと

SnapCrab_NoName_2014-11-25_16-47-26_No-00

規則正しい生活を送り、毎食カロリーに気を使うことができれば健康的な生活を続けることができます。しかしそれも中々難しいもので、多くの人は乱れた生活を送りがちです。

スープダイエットでいくら短期間で痩せたとしても、そこからまた乱れ食生活をしていたら、すぐに体重は戻るでしょう。

そのため、体重が落ちたと思っても、しばらくは食事に気を使ったほうが良いです。その間に運動などをして筋肉を鍛えたり、ストレッチで基礎代謝を上げたりを継続して太りにくい体質に仕上げていきましょう。

このバランスが体重を一定にキープさせるのに必要なのです。ダイエットは心と体が線で結びついてはじめて効果を発揮します。そこを念頭に置いてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ