効果絶大!プールで水泳ダイエットを始めよう

SnapCrab_NoName_2014-11-30_11-1-42_No-00

ダイエットは実に多くの方法が開発されており、現在はもう数えることが難しいと言われるほどまでです。全てを実行するのは現実的ではなく、やはりどれかに絞る必要があります。

そこで最近人気なのがプールで泳ぐだけのダイエットです。有酸素運動の代表とも言われるほどで、効果は絶大なのだとか。

 

プールはカロリー消費量が多い

SnapCrab_NoName_2014-11-25_17-26-43_No-00

プールで泳ぐということは、水の抵抗を受けることに繋がります。地上を歩くのとは違い、水の中では歩くだけでも大変です。全身の筋肉を使っているような感覚になりますが、それだからこそ、ダイエット効果が発揮できる環境だということが考えられます。

そして泳ぐという動作は普段の生活では使うことのない筋肉を刺激します。そして激しい動作をずっと繰り返すことになりますから、カロリー消費量がとても多いのです。

消費が多いですし有酸素運動ということで脂肪燃焼を助けてくれるのがとても意味があります。

 

プールダイエットは1日1.5kmを目安に泳ぐ

SnapCrab_NoName_2014-11-30_11-2-9_No-00

プールで泳ぐことでダイエットができるのですが、その効果をさらに高めるためにはどうすれば良いのでしょうか?その答えのヒントになるのが「距離」です。1日にどれぐらいの時間、水の中に入っていればよいかというのはあまり意味がありません。

それは長ければ長いほど良いのですが、効率を求める必要もありますので、着眼点はそこではなくて、距離というところに重点をおきましょう。

減量を目指して始めた間もない頃というのは、気持ちが高ぶっているので多少の無理をすることができますが、それは確実に続くものではありません。

そのため、最初は1日に1.5kmを泳ぐということを目標にして取り組むのが良いでしょう。最初はこれでもかなり大変です。50mサイズならば15往復しなければなりませんし。25mならば30往復もしなければなりません。

気が遠くなりそうですが、運動はこれぐらいしなければ意味がないので、まずはこの距離を目標にしましょう。

 

慣れたら1日3kmで効果アップ!

SnapCrab_NoName_2014-11-19_15-12-3_No-00

プールでの減量は続けることで効果をより高めることができます。プールに通うとうのは無料ではありませんから、ダイエットを続けようと思ったら1回での効率を少しずつでも高めておかなければコストパフォーマンスがあまりよくはないでしょう。

プールで泳ぐことのダイエットとして上記の1.5kmに慣れてきたら、少しずつ距離を広げていき、最終的には3kmという部分をしっかりと捉えるようにしましょう。もしこれが実現できたならば、体型なども大きく変わっているかもしれません。

およぐことは、全身の筋肉を使うので体型を大きく変化させます。お腹がぽっこりしている人は確実にヘコみますし、スラっとしたスタイルを維持したい人でもそれを実現することが可能でしょう。

減量の効果を高めるには、まずは継続していくことが大切です。1ヶ月でも3ヶ月でも長くゆっくりと自分のペースで続けることができれば、それがいつしか自分の為になっているハズです。

今まで羨ましいと思っていた体型に近づくことができれば、それがさらにモチベーションに繋がって面倒だと思う日でも一生懸命に取り組むことができるので活用しましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ