食べるだけ!フルーツダイエットの効果がスゴイと話題に

SnapCrab_NoName_2014-11-30_12-15-31_No-00

ダイエットは人によってやり方が変わってきます。体質や体型などにより、どれが合うのかが変わるので、まずは自分がどんな方法ならば楽しく気長に続けられるのかを考えてみましょう。

そのひとつの考える材料として紹介したいのが、フルーツを食べるダイエットです。栄養が豊富に含まれているので、ダイエットに効果があると言われています。

 

フルーツダイエットを飽きずに続ける方法

SnapCrab_NoName_2014-11-30_12-16-4_No-00

人間の脳は毎日同じことの繰り返しをしていると、途中で飽きるようにできています。

そのためかどうかは分かりませんが、ダイエットも続けようと思ったらすぐに飽きてしまうなんてことは多いのではないでしょうか?これは脳がそういった構造になっているので、ある意味では仕方がないのです。

フルーツダイエットでも同じことが言えます。毎日同じフルーツばかりを食べていると、飽きてしまっていつしかやらなくなってしまうのです。

これでは意味がなく普段どおりの行動ができない原因になりかねません。体重を落とすには冒頭でも記述したように、気軽に継続させる方法がベストなワケです。

フルーツダイエットで、その効果を高めたいと思ったならば、摂取するフルーツを変えるのが理想です。

1日目はバナナならば2日目はパイナップルなど自分が好きだと思うサイクルを作り上げることで長く続けることを自分で作り出すことができます。これは減量をするのであればとても大切なことです。

 

朝食に食べると効果アップ

SnapCrab_NoName_2014-11-30_12-15-51_No-00

フルーツはどの時間帯に食べることでダイエット効果を高めることができるのでしょうか?よく言われているのが朝食での置き換えです。

それなりにカロリーもありますし、食物繊維も豊富です。ビタミンやミネラル、酵素も入っていますので栄養としては申し分はありません。

そのため朝食に置き換えることが理想です。こうすることで、便通も良くなり朝からスッキリとした気分で1日をスタートさせることができるという意味もあります。

これを体験すると、ぽっこりとしたお腹がヘコんだという人もいるほどですから、痩せることができるのです。

 

18時以降は間食しないようにする

SnapCrab_NoName_2014-11-30_12-18-36_No-00

フルーツは健康に良いとされているからといって、18時以降に食べるのはあまりよろしくありません。

ビーマルワンなどの数値を見ると、夜は脂肪吸収活動が活発になるので、あまり食べることはよろしくないと考えられています。

ただこれには反対意見もあるので、なんともいえませんが、口コミ等の多くでは夜にたべるのは避けたほうが良いという意見のほうが多いですね。

ただ総摂取カロリーが1日を通して同じであれば、体重はそこまで増減はしませんので、そう考えると夜にフルーツをたべたとしても関係ないと考えられますけどね。

フルーツをたべるダイエットは毎日のように内容を変えることで、効果を高めることができます。気長に続けることがコツですから、自分が飽きないようにするのが大切なのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ