そうめんに隠されたダイエット効果が凄かった!

SnapCrab_NoName_2014-10-17_21-7-53_No-00

夏バテに効果があるそうめんは、暑い時期に欠かすことができないと思う人も多いのではないでしょうか?つるつるとした食感がバテた胃にもやさしく届くので、意外と食べてしまうものです。

そんなそうめんですが、ダイエットに大きな効果があると言われています。それには食べ方に秘密があるようで口コミでも評判が良いのです。一体どんな方法があるのでしょうか?

 

そうめんは麺類で一番カロリーが低い

SnapCrab_NoName_2014-10-17_21-8-9_No-00

暑い時期に食べたいそうめんですが、カロリーを気にしている人は案外少ないのではないでしょうか?

ダイエットに適しているということは、その部分をまずはチェックしてみなければいけませんね。ということで、そうめんにはどれぐらいカロリーが入っているのかを見ていきます。

麺類1人前として一番高いのが冷やし中華で530kcalで、次にラーメンの500kcalです。その次にそうめんとなっており350kcalという数字が出されています。

うどんやそばに比べれば100kcalほど多いですが、うどんにはツユや具材などが入るので、実質はもっとカロリーは多いのです。

そうめんは基本的にそのまま食べることが多いですよね?そのため麺類では低いということが分かります。

 

栄養面での不安は薬味でカバーできる!

SnapCrab_NoName_2014-10-17_21-9-54_No-00

そうめんはそのまま食べると、どうしても栄養面での不安が残ります。ダイエットをする時には栄養面もしっかりと考えてバランスよく摂取するのが理想だとされていますので、このままでは効率は悪くなります。

そこで食べる時に薬味を入れるようにします。ネギやしょうが、卵や納豆など色々とトッピングできるのが嬉しいですよね。

しかし入れすぎて全体のカロリーが増えてしまったら元も子もないのでそこは考えるようにしてくださいね。

 

ご飯の代わりにそうめんを使ってみよう

SnapCrab_NoName_2014-10-17_21-10-24_No-00

素麺を違う食材として使うことも考えられています。たとえばカレーのご飯の代わりにそうめんを使うなんてこともあります。するとヘルシーでしかも食べやすいので夏に有効な方法です。

朝食を抜かすダイエットは逆に太りやすくなるのでオススメできません。しかし朝は食欲がないという人も多いでしょうから、素麺を取り入れてみるのも良いかもしれません。

カロリーを抑えて腹持ちも良いのでダイエットをしてみたいという人には効果があるのでオススメです。

今回はダイエットに効果があると話題になっている「そうめん」について紹介しました。こればっかりにすると栄養が偏るのでオススメはできませんが、適時使うという方法を採用するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ