禁酒ダイエットの効果が凄いと話題に!

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-6-13_No-00

仕事が終った後の1杯が止められない!という人も多いことでしょう。少量のアルコールは血液循環を良くしてくれるので、基礎代謝が上がります。そうすることで痩せる効果があるのです。

そのため、最近は禁酒による減量方法が叫ばれており話題になっています。断酒ではなく少量のお酒をのみつつ、適切な食生活に戻して痩せるという方法です。

 

禁酒ダイエットは酒豪の人にオススメ

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-0-30_No-00

禁酒をしてダイエットを行う場合の注意点として、それほど普段から飲んでいない人には効果が薄いことが挙げられます。逆にたくさんの量を飲んでいる人なら、効果があると言えるでしょう。

自分の気持ちとして「いつも飲みすぎかな?」と思っている人は、試してみるのが良いかもしれません。

まずは太りやすいお酒の種類について知っておきましょう。

まずは「ビール」です。好きな人も多いですが、これが実は一番太りやすいと言われているのです。

ビールの原料は麦です。すなわち炭水化物系ですから、糖分そして脂質に変化してしまう傾向にあります。

次に「日本酒」や「焼酎」がランクインします。こられも麦や芋など色々な種類がありますが、原材料が炭水化物系ですとやはり太りやすいんですね。

一方ウイスキーやブランデーなどはカロリーが低い傾向にありますし、体内では吸収されずに排尿として外に出てしまいます。

ということは、ビールばかり飲んでいる人はお酒の種類を変えるだけでもそれなりの効果があることになりますね。しかし禁酒する必要性はコレだけではないのです。もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

 

禁酒ダイエットには食欲促進を防いでくれる効果もある

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-1-38_No-00

お酒に含まれるアルコールは、血行を良くするのでお腹がすいてきます。そのため食欲促進するので必要以上にバクバクと食べてしまいやすくなります。

特にから揚げなどの脂肪分たっぷりのものを欲しがるので、体としては太る一直線になるのです。つまり、お酒そのものというよりも、おつまみを食べるから肥満になるということですね。

お酒を少量に抑えることで、食欲促進を防ぐだけでなく内臓機能が活発になります。すると新陳代謝が活発になり、基礎代謝が上がります。これによりダイエット効果をより高めることができるのです。

 

2日に1回200mlを目安にする

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-6-48_No-00

禁酒ダイエットで、どの頻度までお酒の飲む量を減らすことが必要なのでしょうか?

理想としては、2日に1回200ml程度までなら飲んでも問題ないと考えられています。この場合は、種類は何でも大丈夫です。

休肝日を上手く使うことにより、血液循環を良くして内蔵機能を活性化させます。お酒の美味しいところを使うことで、痩せやすい体質を作り出すのです。

毎日飲まないとやっていけないという人にとってはかなり大変かもしれませんが、ダイエットの効果を高めたいと決意したのであれば取り組むことが大切でしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ