6時以降に食べないダイエットが今大人気!効果が凄いと話題に

141222-0032

世の中には無数のダイエット方法が考え出されており、全てを把握するのは難しくなってきています。体型や体質は人それぞれですから、その人に合うものと考えるうちにどんどん種類が増えていったのです。

最近では、6時以降に何も食べないでダイエットをするということが考え出されており話題になっています。これって意外にも盲点だった人も多いのではないでしょうか?

 

6時以降食べないダイエットは簡単だけど難しい?

141222-0035

このダイエットの面白いところは、午後6時以降は翌日の朝食まで何も食べずに、水かお茶だけを飲むというだけのものです。

食事制限などは一切せずに食べる間隔を広く持つだけでその効果を高めるというところに特徴があります。そのため、このダイエットを実践した人は、「本当に痩せることができるのか?」という疑問を持ったそうです。

午後6時以降に何も食べないという日常を送ることは、一般会社員などはとても難しいことですので、限られた人しか行うことができないものですが、どれだけの効果があるのかだけでも知りたいですよね。

そこで実際に行った人のデータを参考にしながら考えていきましょう。

 

6時以降食べないダイエットは効果大!

141222-0033

先ほども記述したとおり、食事制限はほとんどありません。毎日の摂取カロリーをそのまま維持してもらい、食事をします。そして有酸素運動などは一切やりません。

通勤や通学などで歩く距離程度の毎日動かしているその量だけです。そして午後6時以降に何も食べない。

ルールはたったコレだけ。これだけで果たして効果はあるのでしょうか?結論から言えば、ダイエットという意味においてはあまり効果は期待できないでしょう。

これはどちらかといえば痩せやすい体質を作ることができるという類のもので、血糖値や脂肪との関係性を考えてのものです。

午後6時以降に何も食べない状態を続けることで、数時間後には空腹の状態になります。これは血糖値と関係しており、血糖値が下がることが原因です。

食事を摂取した後は血糖値が上昇しているのですが、時間が経過すれば自然と低下していきます。実はこの増減の幅が激しいと体内では脂肪を吸収しやすくなるのです。

そして太る時間帯というのが午後10時から深夜2時。この時間帯に脂肪吸収が促進されてしまっては意味がありませんので、午後6時に食事をすることが大切になるわけです。

 

夕食後は10分だけウォーキングすると効果が高まる

141222-0034

この減量効果では、基本的に運動をしないというものでしたが正直それではダイエット効果を高めることはできないようです。できれば夕食後に10分の軽いウォーキングをするのがベストなのだそうです。

するとたべた時に急上昇するハズの血糖値を抑えることができるので、上下への動きを抑制することができます。

これができると体内での脂肪吸収効率が悪くなるので、結果的に太りにくくなり痩せやすい体質を作り上げることができるという訳です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ