痩せると評判!水中ウォーキングダイエットのやり方

SnapCrab_NoName_2014-11-5_21-43-24_No-00

歩くという運動は日常的に行っているものです。しかしこの単純な運動が実はダイエットに効果的だということが判明しており、多くの人が日常的に取り入れて成功させているのです。

そんな中、新たな方法として水中ウォーキングというものが登場しました。これはプールの中で泳ぐのではなく歩くという運動で、かなりのカロリーを消費すると考えられています。

では、この水中ウォーキングを使ったダイエットについて紹介します。

 

水中ウォーキングは水の抵抗を受けるので消費が大きい

SnapCrab_NoName_2014-11-5_21-44-46_No-00

地上でのウォーキングと違い、水の中では当然水の抵抗を受けます。経験ある人も多いかもしれませんが、水の中では歩くだけでも大変で俊敏に動くことはほとんど出来ません。

そして重たい体を無理やり動かしているような錯覚を覚えるほど重たいので、全身の筋肉をいつの間にか使っています。

実は地上で歩く時に比べて圧倒的に消費カロリーが多いのが水中ウォーキングなのです。

ではどのくらいのカロリーを消費しているのでしょうか?あくまでも目安ですが、体重75kgの人が1時間水中ウォーキングをすると、約310kcal消費します。

これはかなり早歩きをした地上とさほど変わらないもので、達成するのは相当ツラいものです。この中を自分のペースで歩くだけでかなりのカロリーを消費しているというのがひとつの特徴で、それはやはり水の抵抗を受けているという特殊な環境が作り出していることが言えます。

 

水中ウォーキングは体への負担が少ない

SnapCrab_NoName_2014-11-5_21-46-35_No-00

水中ウォーキングダイエットでは消費カロリーが高い運動であることが分かりました。それだけではなく、この運動は地上で歩き時に比べて「体への負担が少ない」というメリットがあります。

腰や膝への衝撃がほとんどありませんので、高齢者や肥満者などでも体を痛めることなく行うことができるのです。そのため平日のプールに行くと高齢者がよく歩いていますよね?地上よりも負担が少ないので、水の中を歩いているのです。

 

リラックス効果も高く、ダイエットに効果的

SnapCrab_NoName_2014-11-5_21-45-34_No-00

人間は水の中にいると安心感を得ることができると言われています。これは母親の胎内で羊水に覆われていたときの記憶によるものだと考えられており、リラックス効果を生み出します。

水中ウォーキングでダイエットをしながら、気持ちも安定させることができるというのは、一石二鳥ではないでしょうか。

この運動は地上でのトレーニングに比べても明らかにメリットが多いことが分かります。減量を目的として運度するならば、この方法を実践してみるのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ