生理中にダイエットをしても痩せない理由とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-9-59_No-00

女性ならばいつでも理想の体型を維持したいと思うものです。その為には様々な情報を収集し、食事制限や運動をするなど努力を怠りません。

しかしながら、いくら頑張っても痩せにくい時期があるのです。それは「生理1週間前から発生中にかけて」です。この時期は体が体重を増やすことを優先的に行うので、どうしても痩せにくくなるのです。ではその具体的な理由をちょっと見ていきましょう。

 

もしもの妊娠に備えている可能性も

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-11-1_No-00

女性の体は不思議なもので、生理前になるとホルモンバランスが崩れ始めます。これは妊娠に備えた動きをしているといわれており、毎月正常に妊娠時の動きが出来ているかを点検しているのです。

ただ、この時期は女性にとってかなりキツいので、精神的に不安定になることもあります。何気ない行動でイライラしたり、気分が落ち込みやすくなるなどの症状が出てしまいますね。そしてむくみも気になり、体重も増えてしまう。

これらはもしもの妊娠に備えて、体重を増やし栄養を確保する動きが働いているようです。生理前からその時にかけてダイエットをしても痩せにくいのは、女性の体の働きが関係していると言えそうです。

 

生理中プロゲステロンが働くことも原因

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-11-50_No-00

生理中に痩せない理由のひとつとして考えられているのが「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンです。月経前になると分泌量が増していきます。

これが分泌されると、水分やエネルギーを体内に貯蓄するように脳に命令を出します。これが働くおかげで、新陳代謝が悪くなり、「むくみ」や「冷え」などの症状が出て、体重も落ちにくくなるようです。

これをコントロールすることはできませんから、上手に付き合っていくしかありません。そして生理中は甘い食べ物が欲しいと考える人も多いでしょうが、ドカ食いをしては意味がありませんので、ダイエットを頑張るのであれば絶対にその誘惑に惑わされないようにしましょう!

 

生理中は軽いストレッチをして気分転換しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-10-31_No-00

生理前から初日にかけての激しい運動は、骨盤をより歪ませる効果があるのでオススメできません。かといって、何も動かさないのも良くないので、軽くストレッチするくらいはしておきましょう。

軽めならば、気分転換にも繋がりますしリラックス効果を高めることもできるでしょう。この時期は何をしても痩せることが難しいので、頑張り過ぎない程度に気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

そして月経後は一気に痩せやすい時期になりますから、その準備期間としてもストレッチをして体を温めておくことは大切です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ