水泳ダイエットが大人気!驚きのダイエット効果とは?

150104-0046

ダイエットは運動をしなければ思い通りの成果を出すことはできないでしょう。体の脂肪を燃焼させるには、有酸素運動をする必要があり、世の中には様々な運動が紹介されています。

今回はその中から水泳ダイエットをチョイスして紹介したいと思います。

水泳ダイエットは体全体の筋肉を使うので体重を落とす行動としては最適ではないかとの声も多いのです。

そして簡単に効果を出すこともできるようですから、是非参考にしてみてください。

 

水泳ダイエットが人気の理由はその効果にあった!

141222-0033

水泳ダイエットは有酸素運動として知られますが、同様の運動に比べても消費カロリーがダントツで多いことが知られています。

水の抵抗や筋肉量、体型などによりカロリーをどのくらい消費するのかは変わってくるので、あくまでも平均値ですが、ここでちょっと紹介しておきます。

泳ぎ方によっても変わってくるので、今回はクロールと平泳ぎという一般的な泳ぎ方を例にとってみました。

まず、体重60kgの人が1時間クロールで泳いだ場合は504kcal消費します。平泳ぎは同様の人が泳ぐと630kcalも消費するという計算になります。この消費量は半端じゃないことが分かりますね!

比較対象として、多くの人が取り入れているジョギングと比べてみましょう。ジョギングは体重×距離で求めることができるので、60kgの人なら10kmぐらい走らないと同じぐらいにはなりません。

もし1時間に7km走ることができるのであれば、420kcal程度ですので、いかに水泳は消費カロリーが高い運動かが分かります。

 

ダイエット以外にも嬉しい効果が!

150104-0045

水泳は体重を落とすこと以外にも嬉しい効果をもたらしてくれます。それは「リラックス」です。

水中にいると人間は落ち着くようで、リラックス効果をもたらしてくれます。

詳しい理由については明らかにされていませんが、そうした気分にさせてくれるのであれば嬉しい限りですよね。

また心肺機能を鍛えることができます。水の中では重力の影響をあまり受けないので、血液の循環機能が上手く働きます。

すると血液を全身に送り出し循環させるという心臓の機能を高めることができるのです。

さらに水圧による肺の負荷をかけることで、肺機能も鍛えることができます。

 

水泳ダイエットは1日1時間を目安に取り組もう

150104-0047

最後になりますが、水泳ダイエットを行う上で欠かせないことは「時間を守る」ことです。

かなり激しい活動になりますから、自分で事前にどのくらい泳ぐかを決めておくことが大切です。

最初は1日1時間で休み休みでも1.5kmくらいは泳ぐようにしましょう。

これだけでも次の日は筋肉痛になることが多いかもしれません。慣れてくれば1日に3kmを泳ぐようにします。

この運動を継続できれば、体全体が引き締まった筋肉を付けることができるので、女性も男性も体型に変化が出てくることでしょう。

このように、水泳ダイエットでは、体重はもちろんのこと体型も引き締めることが可能なので、全体的な変化を効果的に出すことができるのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ