大豆ダイエットの効果が凄い!わずか1ヶ月でスリム体型になれる?

150112-0001

食事制限をしてダイエットを行うのが一般的になりつつありますね。

本当はそういったことをせずに基礎代謝を上げて自然と太りにくい体質に持っていくことが妥当ですが、時間が掛かりますから中々上手くはいきません。

そんな中でも、大豆はしっかりと摂取したほうが良いと言われています。実は女性にとって大切な成分が豊富に含まれていることがわかっているのです。

 

大豆ダイエットの魅力は低脂肪!

150112-0003

大豆ダイエットがいいとされる最大の理由は低脂肪という点ですね。そして良質なたんぱく質を多く含んでいるので、ダイエットで不足しがちな部分を補うことができます。

これは非常に意味があることで、まさに基礎代謝を上げることができるのです。

たんぱく質は筋肉を作るのに必要不可欠な存在です。減量を続けていると、食事バランスが偏るので炭水化物や脂肪、たんぱく質などが不足してしまいます。

すると筋肉を作るエネルギーが足りなくなるので、上手に作ることができなくなってしまうのです。するとどうなるかというと、基礎代謝が落ちます。

基礎代謝は筋肉を動かすことによるエネルギーが全体の7割を占めているといわれているので、程よい筋肉を付けて、それを維持させることはとても重要な意味を持っていることに繋がるのです。

その元となるたんぱく質を大豆から豊富に摂取できますし、しかも低脂肪ということで嬉しい効果なわけです。

 

大豆ダイエットには痩せる以外の効果も期待できる

150112-0005

ダイエットの基本は基礎代謝を活発にさせることです。大豆にはそれを助けてくれる、レシチンやビタミン類があります。これらは脂肪燃焼を活発にさせ代謝を促進させる働きが期待されています。

またビタミン類は活性酸素や脂肪の酸化を防いでくれるので、肌がきれいになりますし、肩こりも改善されます。

そして忘れてはならないのが、大豆イソフラボン。

これは女性ホルモンと似た動きをしてくれるので、ホルモンバランスが崩れているときなどにのむことでリラックスできたり、気分が落ち着くことができるので、減量の効果にも欠かせないのです。

 

大豆を食べるより豆乳を飲むほうが効果大

150112-0002

大豆は様々な食品に加工されて食べやすくなっていますね。代表的なのは豆腐や納豆がありますが、それよりかもダイレクトに体に浸透するのが豆乳です。

固体よりも液体のほうが人間は消化するのが簡単なんですね。だから一時期市場から姿を消すほどに豆乳が大流行したわけです。

朝食前に200mlの無調整タイプをのむだけで、効果を高く実現させてくれます。

無調整は味にクセがあるのでそれがちょっと苦手だという人もいるかもしれませんが、調整タイプにすると糖分が入るのであまりオススメができません。

ダイエットだと思って、ちょっとだけガマンして飲むようにしてくださいね。慣れれば大したことはありませんよ。

痩せることに効果があると言われるだいず。そのまま食べるのは大変なので、豆乳として飲むことでより効果があることが分かっています。

普段の生活に一工夫させるだけで、素晴らしい毎日を送れる可能性があるので、是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ