縄跳びダイエットの魅力!驚くべき効果ダイエットとは?

150123-0021

ダイエットをするならば効果的な運動が何よりも必要になります。体内に蓄積されている脂肪を燃焼させなければ、痩せることは難しく食事制限のみでは限界があるからです。

そこで有酸素運動を組合わせた方法が必要になり注目されている運動があります。それが縄跳びです。

単純な動作ですが、それが意外にも体に負荷をかけていることがわかっています。

ではその効果方法について見ていきましょう。

 

縄跳びダイエットの消費カロリーは?

150123-0020

縄跳びダイエットをの効果方法を知るには、その運動が1時間にどれくらいのカロリーを消費するのかを知っておくことが大切になります。

その計算方法をご紹介しますので、自分の体重に当てはめて計算してみてください。

まず体重1kgが1分間に消費するカロリーである「0.1532kcal」と、性別や年齢による補正係数を用います。

男性ならば、20代が1、30代が0.96、40代が0.94です。女性は20代が0.95、30代が0.87、40代が0.85です。

たとえば28歳で体重60kgの女性が1時間縄跳びをしたとすると

60×0.1532×60×0.95=約524kcalとなります。

これをジョギングであてはめて考えていきます。

ジョギングは体重×距離(km)で消費カロリーを出すことができるので、60kgの人が1時間でおよそ7kmは走れると仮定すると、420kcal消費する計算になります。

この時点では、差が出ていますが、1時間に7kmという数字はかなり遅いほうですので、本来はもっと走ることができるので結果的にはどちらの運動も消費カロリーという面では変わることはないです。

 

縄跳びダイエットの方法は簡単!

150123-0018

ジョギングは長い距離を走りますし、住んでいる地域によってはそのスペースが確保できないところもあります。

しかし、縄跳びならば基本的にそこから動かないので、狭い場所でも行うことができるので人気が高いというのがあります。

ただ、夜にやる場合は縄が地面にぶつかるときの「バシュ」という音がリズミカルに何回もするので近隣の迷惑になる可能性もあります。

できれば周囲に迷惑をかけない場所でやりたいものです。

 

縄跳びダイエットは足痩せ効果も期待できる

150123-0019

縄跳びダイエットは継続していけば、体重を効果方法的に落とすことができます。

またそれだけではなく、女性に嬉しい足痩せの効果も期待できるのです。ジャンプをすることで、足全体の筋肉に負荷がかかります。

そしてこの運動で使う筋肉は遅くそしてしなやかになる性質があるので、ゴツゴツした筋肉はつきません。

そのため、ふくらはぎや太ももなど気になる部分をシェイプアップすることが可能で、ひきしまったスリムな足を手に入れることができるのです。

縄跳びにおける効果方法についていくつか説明してきました。

足痩せや場所を取らないなど注目の効果方法がありますので、それらをメリットとしながら、この運動をしてみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ