野菜を食べるだけでダイエット効果は本当にあるの?

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-20-50_No-00

普段の食事では食物繊維が豊富に含まれている野菜を摂取することはとても大切なことです。ダイエットを考えている人ならば、まずは食べておこうと思う食材ではないでしょうか。

しかし、本当にダイエットの効果があるのか疑問に思う人もいますよね?

 

野菜は食事に追加しただけではダイエット効果はない!

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-21-52_No-00

ポテトサラダで使われるじゃがいもやとうもろこし、かぼちゃ、にんにく、たまねぎはダイエットのために摂取する野菜としては不適格だと言われています。つまりあまり効果は無いということですね。

しかしアメリカでは、サラダとしてポテトフライやマッシュポテトなどを食べるように、日本とは根本的な認識が違っているようです。

ダイエットするという話も、アメリカからその情報が入ってくるのが多いので、日本でも勘違いしてしまう人が多いようです。

ある研究では、毎回のご飯にサラダを追加したところで、痩せるようなことは無いという結果が出ています。つまり普通の食事量を食べてもらい、そこにサラダを追加したとしても体重や脂肪量に変化は見られなかったというのです。

ですから、脂肪燃焼などはサラダを摂ったところで引き起こされるわけではないのです。

 

野菜は置き換えで食べると、とても効果的

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-22-55_No-00

上記は、考えれば当たり前ですよね。野菜を摂取するだけで脂肪燃焼の効果があれば、ダイエットに最適になり、ほとんどの人が取り入れているでしょう。

つまり、食事制限という意味で摂り入れなければほとんど意味が無いということになります。

普段の食事に置き換えることで、どのような変化が出てくるのでしょうか?野菜や果物に含まれる食物繊維は同時に摂取した糖質の吸収を抑えてくれ、血糖値の上がり方をゆっくりにします。

これはによって満腹感を長い間継続して、空腹を感じるまでの時間を延ばすのです。

これでお分かりかと思います。食事の置き換えをすることで満腹感を持続させる効果があるので、余計な間食などをせずに、そして強烈な空腹を感じることなく毎日を過ごせるのでダイエット効果があります。

 

野菜ダイエットは摂取カロリーを抑えてくれる

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-25-26_No-00

野菜を摂取するダイエットは、それそのものに効果がある訳ではなく、減量の手助けをしてくれる補佐的な要素が含まれていると認識しておくことが大切です。上記でも説明していますが、食事に追加しても痩せるデータは出ませんでした。

そうではなくて、普段の食事を野菜に置き換えることで、摂取カロリーを抑える点が注目されているのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ