寝る前にストレッチするだけのダイエット効果が凄いことに!?

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-8-51_No-00

ダイエットには様々な方法が紹介されています。ここまで多いというのは、それだけ体質や体型などに個人差があるので、自分に合うものがわかり難いというのが関係しているのではないかと指摘されています。

そんな中、基本的な部分としてストレッチを寝る前にすると効果的だと言われています。直接ダイエット効果はありませんが、痩せやすい体質を作るなど、重要な要素がそこには含まれているのです。

 

寝る前にストレッチをするとグッスリ眠れる

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-9-40_No-00

質の低い睡眠は、美容の大敵と言われています。寝ている間に脳は体をメンテナンスする働きを実施します。

しかしこれは深い眠りに入っている時のみ行われると考えられており、質の低い睡眠をすることで満足にメンテナンスができなくなると考えられています。ということは、普段から質の良い睡眠を心がけていけば、肌も綺麗になりますし、痩せやすい体質を作ることだってできる訳です。

寝る前のちょっとしたストレッチで、質の良い睡眠をとることができれば、ダイエットももっと前向きに明るく楽しいものになるに違いありませんね。

ストレッチをすることは、直接的なダイエットという訳ではありませんが、1ヵ月後、1年後の自分が就寝前の1分間にあると考えると、ストレッチを取り組まなければ!っていう気持ちにさせてくれますね。

 

朝と夜ではダイエット効果が違う

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-9-22_No-00

ストレッチと言っても、朝やるのと夜やるのでは大きく違います。朝は交感神経を刺激して体を覚醒状態に持っていくことを意味します。今日1日という日を元気に活動的に行うために必要だとされているので、多少強度が強いものを選びます。

一方で寝る前に行うタイプのものは、快適な睡眠を誘うものですから、強度が低いとされているものを選びます。そのため呼吸を止めずに行うということが基本となります。

就寝1時間前にテレビを観たりスマホをイジったりしていると、交感神経が興奮するので快眠を妨げることに繋がります。

これでは筋肉をほぐしたところで、副交感神経が活発化するには時間がかかりますから、痩せやすい体質を作るには、光の刺激が強いとされる、テレビヤスマホは禁止しておきましょう。

 

ストレッチは体に覚えさせることが一番大事

SnapCrab_NoName_2014-11-6_23-9-1_No-00

ストレッチダイエットを寝る前の行う最大の目的は「体にそのことを覚えこます」というのが挙げられます。つまり、「ストレッチをしたら寝る準備に入ったと思え」と体に覚えてもらうわけです。

すると脳はその指令を受け取り、自然と副交感神経を活発化させてくれて、質の良い睡眠をとることが可能だと言われています。

脳をダマすことは、あらゆる所の成功パターンとして考えられています。痩せやすい体質を作るのにも適していますので、是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ