水泳ダイエットで抜群の効果が出るオススメ方法

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-15-40_No-00

世の中には様々なダイエット方法が紹介されています。大前提として食生活の見直しと適度な運動を継続させていくことが必要であり、短期間で劇的に変化するのは逆に体にとって危険ですので、その方法は避けるべきです。

そんな中、運動において効果が期待できるものとして紹介されているのが水泳です。確かに全身の筋肉を使いますし、水の中ということで特殊な動きが必要ですよね。では、この運動で失敗しない方法について簡単に説明していきます。

 

そもそも、水泳ダイエットで何故痩せれるの?

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-16-45_No-00

そもそも、水泳をすると何故痩せることができるのでしょうか?実は、この運動は有酸素運動と呼ばれており、体内の脂肪を燃焼して新陳代謝を活性化させます。そして全身の筋肉を激しく動かすので筋肉を強くするという作用も働きます。

これが繰り返されることにより、代謝が良くなり脂肪の燃焼がより活発になるので、太りにくい体質を作り上げることができるので、結果的に痩せれるのです。このサイクルになるまでが大変ですが、気楽に気長に取り組むようにしましょう。

 

水泳ダイエットの方法と効果は?

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-17-55_No-00

水泳ダイエットの最適に泳ぎ方があれば知りたいですよね。バタフライやクロールなど色々と泳ぎ方はありますが、体重を落とすという目的であればどんな泳ぎ方でもかまいません。もし、どんな泳ぎ方でも難しいという人は、ビート版を使って足をバタバタさせるだけでも効果があります。

そして速く泳ぐ必要はありません。アスリートを目指している訳ではなく痩せるために行うのであれば、長い時間をかけてゆっくり泳ぐほうが逆に効果的なのです。どうしても思いっきり急いで行ったほうが体重的には良いと考えてしまいますが、あまり効果的ではないのでゆっくりと泳ぎましょう。

 

最初は1日1.5kmを目標に!

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-18-38_No-00

上記では泳ぐスタイルや方法について説明してきました。ここでは「どのくらい泳げば良いの?」という疑問にお答えしていこうと思います。

水泳ダイエット初日であれば、1日1.5kmを目標に好きな泳ぎ方でゆっくりと時間をかけて泳ぎましょう。50mのプールなら往復で100mなので15往復できれば1.5km達成できます。連続はほぼ無理でしょうから、1往復したら少し休んでの繰り返しでもかまいません。最後きつかったら水中ウォーキングに切り替えてでも、1.5kmという目標は達成しておきましょう。

おそらく多くの人がこれだけで筋肉痛になると思います。しかし1週間もすれば体は慣れてきますので、泳ぐ距離を2.5kmから3kmと少しずつ伸ばしていくとより負荷がかかるので、良いでしょう。

水泳ダイエットの方法はそこまで難しくはありません。気長に楽しく泳ぐのがコツですので、ゆっくりやりましょう!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ