スーパーフード!チアシードの効果が倍増する食べ方とは?

150910-0033

ダイエットに効果のある食品として話題になっているスーパーフード「チアシード」をご存じですか。スーパーフードと呼ばれるのには、その栄養バランスの良さと美容・健康効果にありました。

 

栄養バランス抜群!チアシードの魅力

チアシードはシソ科の植物・チアの種(シード)です。産地はメキシコ・パラグアイ・エクアドルなどの中南米。

タンパク質、ミネラル、ビタミン、食物繊維、αリノレン酸などたくさんの栄養素がバランス良く含まれています。中でもタンパク質を構成している必須アミノ酸が9種類のうち8種類含有しているというのもチアシードの特徴です。

 

体脂肪が落ちやすくなる!チアシードのダイエット効果

150910-0015

チアシードの美容・健康効果としてもっとも注目されているのがダイエット効果。どうしてダイエットに効果があるのかというと、その理由のひとつはオメガ3脂肪酸にあります。

オメガ3脂肪酸とは、DPA・DHA・EPAなど、主に青魚に含まれる脂肪酸のこと。これらを摂取すると、代謝を促して体脂肪を落としやすくする働きをしてくれます。

このような効果を持つことから、厚生労働省ではオメガ3脂肪酸を1日に約2g摂取することを推奨していますが、チアシード大さじ1杯(約10g)で1.78g摂取できるとされています。青魚が苦手・食べられないという人にも嬉しいですね。

 

ジェル状になるのが特徴!チアシードの満腹効果

150910-0036

また、水分をよく吸収するという特性で食べ過ぎ防止にも効果を発揮します。チアシードを水に浸すと、「グルコマンナン」というこんにゃくと同じ成分を形成し、ジェル状になって約10倍に膨張するのです。

このため、摂取するとおなかの中で膨張します。これが空腹感を抑えるので、ダイエット効果が期待できるということです。

 

食物繊維が豊富!チアシードの便秘改善効果

150910-0035

さらに、チアシード大さじ1杯で約4gの食物繊維を含みます。これが上記のグルコマンナンとともに便秘の予防・改善効果をもたらしてくれるのです。

 

水分を吸わせて食べるのが秘訣!スーパーフードの食べ方

食べ方としては、ヨーグルトやスムージーに加えて水分を吸わせ、膨張させていただくのが良いでしょう。予め水に浸して時間を置いたものを混ぜてもOK。

満足感が得られ、カロリーセーブにも効果絶大です。

 

水分はたっぷり吸わせるのが鍵!食べる時の注意点

150910-0034

食べる際に気をつけたいことがあります。まずは、1日の摂取量です。

1日の適量は大さじ1杯まで。チアシードは低カロリーで栄養価も高く、大変優れている食品です。

しかし、そればかりでは摂取カロリー量が過少で健康に悪影響を与えてしまうことも。あくまでも補助食品として摂取することを心がけ、1日3回の食事は必ず食べること。

もちろん、食事内容も栄養バランスがとれていることが大切です。

また、チアシードを摂取する際は十分に水分をとらなければいけません。吸収性に優れた食品のため、水分が少なすぎると腸内の水分まで吸ってしまい、便が硬くなり便秘を引き起こすこともあるのです。

十分に注意して、上手に取り入れましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ