筋肉不足が引き金に!セルライトを除去する運動のポイント

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-49-53_No-00

多くの女性が悩んでいるであろう『セルライト』。むくみから出来るものなので、リンパマッサージが有効と言われていますね。

しかし、マッサージだけでは十分な効果が得られないのです。

 

セルライトの原因は筋力の低下

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-50-37_No-00

セルライトはお腹、腰周り、脚全体、お尻など下半身につきやすい脂肪の塊です。しかも、ただの皮下脂肪ではなく、老廃物と結びついた消費しにくい脂肪なのです。

では、どうしてセルライトはできるのでしょうか

血行不良によってむくみが発生し、下半身に溜まった水分や老廃物をきちんと排出できず、そのまま皮下脂肪と結びついてしまうことが原因です。さらにその要因を究明すると、「運動不足」が引き金となっていることがほとんどなのです。

下半身に血液が送られてきた後、今度はふくらはぎにある筋肉の収縮によって心臓へと送り返さなくてはいけないのですが、足の筋力が低下していると、その働きが十分に発揮できません。そのため、むくみが生じるのです。

筋力低下=筋肉量の低下。すなわち、運動不足によって筋肉が減少し、そこからセルライト発生への悪循環が生まれているとも言えます。

 

有酸素運動でむくみとセルライトをやっつける

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-51-48_No-00

筋肉は基礎代謝量を上げ、脂肪を燃焼しやすくします。つまり、筋肉をつけることでセルライトも除去しやすくなるということ。

下半身を効率よく鍛えるには、足をよく動かす運動が効果的。ジョギングやウォーキングなど「有酸素運動」と呼ばれる運動がもっとも適しています。

酸素を取り込みながら行う運動は血行を良くするため、むくみ防止に役立ちますし、脂肪燃焼効果も期待できます。併せて筋肉を増やすための筋力トレーニングも行いましょう。

下半身の筋力アップにはスクワット、腹筋運動、ヨガ、ストレッチなどがおすすめです。さらに、リンパマッサージを取り入れればセルライト対策はばっちり!

 

毎日工夫して少しずつでも運動を継続

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-52-33_No-00

何事もそうですが、運動もマッサージも続けて行わなければ効果を得られません。それでも、「仕事や家事が忙しいから続けられない」と思う人もいるかもしれません。

それなら、日常に運動を取り入れれば良いのです。通勤時間はウォーキング、テレビを見ながら筋トレ、入浴中にストレッチまたはマッサージをするなど、新たに時間をとらなくとも、工夫すれば十分取り組めます。

 

筋力アップで基礎代謝もアップ、結果「太りにくい体」になる

SnapCrab_NoName_2016-4-3_15-53-30_No-00

セルライトを除去するのは決して簡単ではありませんが、少しずつでも毎日こつこつ頑張れば、自ずと結果がついてくるものです。それに、筋肉が増えれば、セルライトだけではなく体全体の脂肪が落ちやすくなります。

また、基礎代謝量が上がることで太りにくい体になれます。つまり、上手くいけば減量・ダイエット効果も期待できるということなのです!

モチベーションを上げて、気長に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ