お尻が大きいのが悩み・・・原因別!憧れの小尻にする方法4選

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-5-37_No-00

きゅっとしまった小さなお尻、女性なら憧れますよね。スキニーパンツやショートパンツが似合うお尻、羨ましい!

しかし、そこで自分の大きいお尻を見てがっかり・・・なんてことはしょっちゅうあります。太ももとの境目がわからないような垂れているお尻は何とも残念です。

 

お尻が大きくなる原因は4つ!

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-6-26_No-00

まずは自分のお尻のことについて分析しましょう。お尻が大きくなる原因は、いくつか挙げられます。

 

骨盤のゆがみ

これは、出産後のお母さんに多く見られます。産後に開いた骨盤をしっかり締めて戻さないと、歪んで体型・・・特に下半身が崩れていくのです。

また、足を組んで座ったり、猫背が原因で歪むこともあります。

 

座りっぱなしは厳禁!筋肉の衰え、運動不足による脂肪の蓄積

運動不足で筋肉が衰えると、そこには脂肪がたまりやすくなります。特に長時間座りっぱなしの状態でいると、それだけで筋力が低下し、筋肉量が減り、代謝も下がります。

そして血行不良によってセルライトが下半身につきやすくもなるのです。

 

内股歩行、浮き指で太い下半身に

足の指が外側に反り返り、地面に着かないために踏ん張る力がなくなってしまう浮き指。これはお尻や太ももを太くさせる原因になります。

また、内股歩行も正常な歩き方ではありません。異常な歩き方は、脚や腰周り、体全体のバランスを崩します。

 

骨盤矯正、スクワットなど大きいお尻を小さくする方法4選

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-7-22_No-00

上記に挙げた原因から自分のタイプを見つけたら、早速小尻へのアプローチを。

 

骨盤矯正でゆがみを整える

骨盤のゆがみを整えて、下半身の骨格を正常に戻します。産後から体型が崩れた人におすすめです。

腰回しなど自分で出来る方法もありますが、整体に行ってプロの施術が受けられれば安心です。

 

スクワットで下半身の筋力アップ

垂れた大きいお尻を引き締め、きゅっと上げさせたい人は是非スクワットを。

① 足を肩幅に開き、かかとに重心を置きます。
② 膝がつま先より出ないように膝を混ぜていき、床と太ももが平行になるところまで腰を下げたら、3秒キープ。

これを1日10回×3行うのが理想です。下半身全体が鍛えられ、筋肉量・筋力アップに効果的。

 

お尻歩きで便秘も解消できる!

床に足を伸ばして座り、お尻で歩くように腰を動かして前と後ろに10歩ずつ進んでみましょう。これは「お尻歩き」といって、骨盤矯正や便秘解消にも有効です。

空いた時間にこまめにやると良いでしょう。

 

浮き指対策にテーピングorインソールを

浮き指はお尻だけではなく下半身太りの原因になります。自覚があれば、テーピングやインソールを活用しましょう。

【簡単な浮き指テーピングのやり方】
① 足裏・中央から親指側に向かって伸縮性テープを張っていく。
② 親指を中心の方に強めに引っ張りながらきつく張っていくが、甲はゆるめに被せるように。
③ 小指側に来たら、親指同様、小指を引っ張りながらきつめに張り、足裏中央に戻ってテープをカット。
④ 足指がアーチをつくって広がるようになっていれば成功。地面について指が浮いてこなければ良し。

また、靴底に入れて履く浮き指用インソールもあります。これらを活用すると、内股などの異常歩行の矯正にも役立ちます。

下半身太りの大きな要因が解消され、すっきりした脚のラインを手に入れることも可能に。

自分の大きいお尻の原因を知り、上記の方法に取り組んで小尻を目指しましょう!

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ